ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊記|ワーケーション&ホカンスレポート




こんにちは、sho-designです。

 

新しくトレンドになっているワーケーションやホカンス。

今回は、

赤坂にある、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」

こちらにて、デイユースのワーケーション&ホカンスをしてきました。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京でのデイユース利用のワーケーション。

こちらをご紹介していきます。

 

You Tubeのチャンネルも開設しました。

フォーシーズンズホテル丸の内でのワーケーションレポートも紹介しています。

ぜひチャンネル登録や高評価も、併せていただけると嬉しいです。

最高の空間で働くVlog【ワーケーション・ホカンス・ノマドワーク】

 

一休.comで【ANAインターコンチネンタルホテル東京】の限定プランを見る

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊記|ワーケーション&ホカンスレポート

まず、ANAインターコンチネンタルホテル東京について。

どんなホテルかを紹介します。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京

東京の中心地、赤坂・六本木エリアに位置するANAインターコンチネンタルホテル東京は、844室のゲストルーム、12のレストラン&バー、22タイプの宴会場を備え、30年以上にわたり、国内外からのお客様をお迎えするリーディングホテルです。

ホテルからは東京タワー、皇居、国会議事堂など、主要なビジネス、観光名所まで徒歩圏内という恵まれたロケーションです。銀座でのショッピングや、ナイトライフを満喫できる六本木へのアクセスも大変便利です。4つの路線の地下鉄最寄駅から都内各所へ気軽にお出かけいただけます。

クラブインターコンチネンタルルームおよびスイートにご滞在の際には、都内最大級の広さを誇るラグジュアリーなホテルラウンジ「クラブインターコンチネンタル」でのパーソナライズされたワンランク上のホテルライフをご体験いただけます。

ホテル内の12のレストラン&バーには、ミシュラン2つ星「ピエール・ガニエール」、格調高い庭園を見渡せる日本料理「雲海」、親しみやすいNYスタイルのステーキハウス「ザ・ステーキハウス」、高層階から都心の絶景を見渡すバー「MIXX バー&ラウンジ」などがあり、記憶に残る価値ある時間をお過ごしいただけます。

ホテル内には都会の喧騒を忘れさせてくれる20mのガーデンプール(夏季のみ営業)、 24時間ご利用いただけるKa-Tsuヘルス&フィットネスセンターなど、充実した設備が整っております。

引用:一休.com

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京の所在地

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目12番33号

03-3505-1111

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京でのワーケーション・ホカンス費用

今回、ANAインターコンチネンタルホテル東京の宿泊予約は、一休.comで取りました。

  • ポイント即時利用
  • デイユース最長9時間
  • 1クイーンベッド クラシック (ダブル)

で、総額14,500円。

 

即時ポイントの利用で、割引後13,775円。

725円分の割引でした。

 

一休.comで【ANAインターコンチネンタルホテル東京】の限定プランを見る

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ワーケーション・ホカンスのレビュー

赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京。

電車でのアクセスは

  • 銀座線
  • 南北線
  • 丸ノ内線
  • 日比谷線
  • 千代田線

と、地下鉄であれば色んな路線で行くことが出来ます。

駅は溜池山王駅・国会議事堂前駅などが最寄りです。

 

歴史があるホテルなので、ロビーも華やか。

結婚式も挙げられるホテルなので、かなり広々としています。

 

1クイーンベッド クラシックのルームツアー

こちらが今回利用する1クイーンベッド クラシックの部屋。

 

今回は宿泊ではなく、デイユースでの利用。

9時間の滞在時間なので、13時にチェックインしてから、22時にチェックアウトといった感じです。

 

今回は利用しませんでしたが、フィットネスも宿泊者扱いで利用可能。

無料で使えるので、ワーケーションの合間に使うと良いですね。

 

クローゼット

入り口に掲げられている、避難時の案内図。

建物の形はこんな風に三角形になっているんですね。

コーナーの部屋は、眺めが良さそうです

 

入り口から入ってすぐ右側、クローゼットがあります。

かなり広々とスペースが取られていて、荷物も十分に置けます。

アイロン台やスリッパも、こちらに用意されていました。

 

中にある棚は、全て空っぽ。

長期滞在者用に色んな物が入れられるようになっていますね。

 

バスルーム

バスルームはこんな感じ。

トイレも一緒のユニットバス仕様になっており、ちょっと狭めですね。

 

バスタブも少し時代を感じるような雰囲気。

スタンダードな部屋なので、バスタブで湯船に浸かるというよりも、シャワーメインのスペースです。

 

棚にはタオルが用意されています。

こちらにバスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルの3種類がセットされていました。

 

下には歯ブラシやカミソリなどのアメニティ。

 

ドライヤーはSALONIAというブランドのもの。

普段あまり見掛けないタイプのドライヤーですね。

検索してみたら、Amazonで販売されていました。

AmazonでSALONIAのドライバーを見る

 

ハンドウォッシュ・ボディローションは、BYREDO(バイレード)というブランド。

ヨーロッパのラグジュアリーブランドのようで、とても好きな香りでした。

主に香水が有名のようで、甘すぎず男性にもマッチした香りでした。

AmazonでBYREDOのアイテムを見る

 

洗面台は1つ。

やはりスペースはちょっと狭い感じですね。

二人で利用するには少し厳しいですが、1人なら十分なスペース。

鏡はサイドにもあり、広々と感じます。

 

シャワーヘッドは3段階に切り替えられるタイプ。

これはちょっと嬉しいポイント。

 

シャンプ・トリートメント・ボディジェルもBYREDOのもの。

 

トイレはウォシュレットですが、やはりこれも時代を感じますね。

一昔前の便座一体型のウォシュレットといった感じです。

 

リビングスペース

バーコーナー横にある棚。

引き出しの上から開けてみると、一番上にはランドリーの袋と靴磨きのクリーム。

 

その下は空っぽで何も入っていません。

 

3段目はルームウェアが入っています。

タオル地のふわっとしたタイプのパジャマですね。

 

一番下にはキーボックス。

 

ルームバー

ルームバーはこんな雰囲気。

必要最低限のアイテムが用意されていると行った感じです。

 

棚の上には有料のスナック。

ナッツ・ポテトチップス・グミ・チョコレートといったものが置いてありました。

 

下にはワインオープナーとグラス。

スナックやドリンクの料金表も置かれています。

 

ペッドボトルのお水はサービス。

二本用意されていました。

 

電気ケトルとカップ。

インスタントのコーヒーやティーバッグもいくつかあります。

 

下の段は冷蔵庫。

中にはドリンクが数種類入っていました。

もちろん、こちらは有料です。

 

オッドマン付きのソファー

 

 

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 宿泊記|ワーケーション&ホカンスレポート まとめ

 

 

一休.comで【ANAインターコンチネンタルホテル東京】の限定プランを見る

関連記事
ワーケーション&ホカンスで宿泊|東京都内のおすすめホテルランキング

一休.com・ダイヤモンド会員|メリットや特典・効率的なランクアップ方法

 

関連記事



PR