Sonyのワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nの感想とレビュー




こんにちは、sho-designです。

 

先日、池袋のビックカメラに行き、SONYのワイヤレスヘッドホン、

WH-1000XM3

を体験しました。

 

ノイキャンと呼ばれる、ノイズキャンセリング機能がウリのこのアイテム。

 

頭につけて、ノイズキャンセリングのボタンを押すと、、、

「・・・シーン」

と、もはや無の空間にいるのかと思うくらいの静寂。

 

いや、厳密に言うと店内アナウンスの大きな音は聞こえたんですが、

それでも雑音や騒音はほぼ無になりました。

 

こちらのWH-1000XM3はフラッグシップモデルで、

航空会社のファーストクラスにも使われるようなアイテム。

 

値段も4万円以上もするので、さすがにそこまでは出せないと思いスルーしていました。

 

が、SONYのサイトを見てみると、、、

WH-CH710N

という、下位クラスですが新モデルが、6月6日に発売される予定。

 

値段も15,000円程度なので、これは買ってみたいと思い、

楽天で予約ボタンをポチりました。

 

今回は、SONYのノイズキャンセル機能付・ワイヤレスヘッドホン、

WH-CH710Nの紹介とレビューをしていきます。

 

Sonyのワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nの感想とレビュー

WH-CH710Nは、SONYから2020年6月6日に発売される、

ノイズキャンセル機能付きのワイヤレスヘッドホン。

 

1つ前のモデルであるWH-CH700Nよりも、ノイズキャンセルの性能がアップ。

価格も14,000円+税で、かなりお手頃価格のアイテムです。

 

ワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nの主なスペック

ヘッドホン部

  • 型式:密閉, ダイナミック
  • ドライバーユニット:30mm ドーム型
  • 感度:94dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、100dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
  • 再生周波数帯域:7 Hz – 20,000 Hz (JEITA)
  • インピーダンス:72Ω(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、33ohm(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
  • コード長:約1.2m (ヘッドホンケーブル)
  • コードタイプ:片出し(着脱式)
  • 入力プラグ:L型ステレオミニプラグ
  • 質量:約 223g

 

ヘッドホン部(その他)

  • 電源:DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
  • 充電方法:USB充電
  • 電池持続時間(連続音声再生時間):約35時間 (BTNC)
  • 電池持続時間(連続通話時間):約35時間 (BTNC)
  • 電池持続時間(待受時間):約200時間 (BT : ON / NC : OFF)
  • 周波数特性:20Hz-20,000Hz (有線接続、POWER ON時)
  • 音声入力端子:ステレオミニジャック

 

マイクロホン部

  • 型式:エレクトレットコンデンサー型
  • 指向特性:全指向性
  • 有効周波数帯域:50Hz-8,000Hz

 

付属品

USBケーブル、保証書、接続ケーブル

 

Bluetooth

  • 通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.5.0
  • 出力:Bluetooth標準規格 Power Class2
  • 最大通信距離:見通し距離 約10m
  • 使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
  • 変調方式:FHSS
  • 対応Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP, HSP
  • 対応コーデック:AAC, SBC
  • 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • 伝送帯域(A2DP):20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

 

ワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nの特徴

では、WH-CH710Nのどういった部分が特徴的なのか。

僕が魅力に感じたポイントと、併せてご紹介します。

 

デュアルノイズキャンセリング機能搭載

WH-CH710Nに最も魅力を感じたポイントは、このノイズキャンセリング機能。

 

フラッグシップモデルであるWH-1000XM3には劣りますが、

その下のクラスであるWH-H910Nと同等レベルのノイズキャンセル機能が搭載。

 

SONYの公式サイトでも、ノイキャン機能は☆5〜3で表示されており、

4つが付いているのはこのWH-CH710NとWH-H910Nだけです。

 

しかも、価格が14,000円程度と、かなり安く抑えられているのが嬉しいですね。

 

ちなみにノイズキャンセル機能とは、

乗り物や街中などの騒がしい場所でも周囲のノイズを打ち消し、音楽に集中させてくれる機能。

日常の、より多くの場面で音楽や音声に没入出来るメリットがあります。

 

最大35時間のロングバッテリー搭載

バッテリーが長持ちするのも、めちゃめちゃ嬉しいポイント。

 

なんと、フル充電で最大35時間もバッテリーがもつという、驚異のパワー。

さらに、ロングバッテリーなので、10分の充電で約60分再生可能というスピードチャージも。

 

充電はUSBから給電するようですが、充電することを忘れてしまいそうです。

 

持ち運びに便利な軽量モデル

ヘッドホンと言うと、重くて肩が凝りそうなイメージですよね。

 

しかし、WH-CH710Nは約223gの軽量モデル。

なので、手軽に持ち運ぶことができます。

 

専用のキャリングケースが付いていないのは残念ですが、

それでも携帯性に優れているのは良いですよね。

 

また、販売時期は夏ですが、

冬の時期はヘッドホンは耳あて代わりになるので、暖かいというメリットも。

 

便利なBluetooth機能

イヤホンやBluetoothが当たり前ですが、もちろんヘッドホンもその流れが。

 

ケーブルレスで音楽が聞けるので、身の回りがじゃまされることなく集中できますね。

音源から離れていても、10m程度は大丈夫です。

 

また、マルチペアリングにも対応しているので、

よく使う機器とペアリングすることで、スムーズに接続もできます。

 

もちろん、ハンズフリーで電話をすることも可能です。

 

使い勝手のいいボタン操作

スマートフォンなどの音楽再生機の

  • 再生
  • 一時停止
  • 曲送り
  • 曲戻し
  • 音量の上げ下げ
  • 電話の着信や終話

などの操作が可能。

 

また、SiriやGoogleといった、

スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応しています。

画像引用:SONY WH-CH710N

 

ワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nを、楽天で安く購入

今回、SONYのWH-CH710Nを、僕は楽天市場で購入しました。

厳密に言うと、販売前なので予約購入ですね。

 

新品にも関わらず、2割引以上の値段で購入した方法をご紹介します。

 

楽天のキャンペーンをフル活用

SONYのWH-CH710Nを安く買えた理由は、

楽天市場のキャンペーンをフル活用したからです。

 

その内容は、

  • 楽天SPU(スーパーポイントアップ):11.5%
  • ショップ限定ポイントアップ:9%
  • 楽天スーパーセール:5%
  • 5と0の付く日:2%
  • 39ショップ限定キャンペーン:2%

といったものを活用。

 

ざっくり計算ですが、

最終的には30%近い楽天スーパーポイントが還付されると思われます。

大体4,500円くらいのポイントが値引きされるということですね。

 

楽天経済圏を活用した買い物は、個人的にはかなりオススメです。

コツコツした積み重ねですが、大きな買い物をする時はお得になりますよ。

 

さらに、ハピタスで+1%のポイントを上乗せ

楽天でがっつりとポイントをもらいましたが、さらにダメ押しでハピタスを活用します。

 

ハピタスは、いわゆるポイントサイト。

ハピタスを経由した場合、楽天での購入は1%ですが、貯れば現金に交換もできます。

 

これも「チリも積もれば」ですが、長期で見ると大きな利益となります。

ぜひ活用してみて下さい。

ハピタスの詳細はこちら

 

Sonyのワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nを開封

では、Sonyのワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nの開封です。

 

こちらがWH-CH710N(黒)の外箱。

薄くビニールのテープで包装されています。

 

サイズは縦横15cmくらいの大きさで、持った感じもめちゃめちゃ軽いです。

 

ちゃんと、WH-CH710Nと書かれていますね。

 

バッテリー最大35時間、Bluetoothのアイコンも表示。

35時間使い続けられるって、よく考えたらスゴイですよね。

 

こちらは外箱の裏側。

使い方やボタンの配置、特徴などが書かれていますね。

 

マイクも付属してあり、ハンズフリーで通話も出来ます。

ZOOM用にも使えそうですね。

 

音量や再生・曲送り・戻しのボタンについてのイラスト。

言語がなくても、イラストだけで伝わりますね。

 

外箱をいよいよ開封

前置きが長いですが、ようやく箱を開けます。

蓋をとった時、わかりやすい場所に保証書が入っていました。

 

ちょっと複雑な作りですが、外箱はこんな感じで作られています。

 

中身を取り出しました。

 

WH-CH710Nの本体が包まれているビニールと、

別の袋に包まれている取扱説明書とケーブル類ですね。

 

ケーブルは2種類。

  • 充電用のUSBケーブル(2.0とtype-c)
  • イヤホンジャック用の接続ケーブル

ですね。

 

WH-CH710Nの本体

包みのビニールから取り出しました、こちらがWH-CH710Nの本体。

 

新しいアイテムは本当にワクワクしますね。

新品なので指紋も一つ無い、ピカピカの状態です。

 

WH-CH710Nの、ヘッドホンの外側部分。

SONYのロゴが両サイドに書かれていますね。

 

内側はこんな感じ。

ヘッドセットの根元の部分に、LRの表示が書かれています。

 

ヘッドセット部分は、パカパカと動きます。

耳へのフィット感が、これで調整できそうですね。

 

パカパカする部分に養生テープが貼られているので、まずはこれを剥がします。

 

綺麗なままで使いたいので、正直このまま使いたいくらい。

これが付いているかどうかで、新品か中古かも判断できそうですね。

 

長さが伸縮するので、サイズも調整できます。

 

内側はアルミですかね。

両サイドとも伸びるので、微調整が可能です。

 

ヘッドセット部分は回してたたむことも可能。

 

WH-CH710Nには専用のケースがありません。

なのでしまう場合は、ヘッドセット部を内側にして幅を狭めれば、かばんにも入れやすいですね。

 

根元の部分に赤いポイントでLRが表示されています。

ヘッドホンの左右をチェックする時は、ここを確認します。

 

各ボタンの説明

各ボタンやコネクタの位置です。

 

左側には、

  • 電源
  • 充電コネクタ
  • イヤホンジャック

が付いています。

 

電源は、

  • 2秒長押し:電源ON
  • 7秒長押し:Bluetooth接続(電源ON時)
  • 電源ON時・2秒長押し:電源OFF

という操作ですね。

 

右側のボタンはこんな配置です。

 

  • +ー:音量
  • 真中のボタン:再生・停止・曲送り&戻し・通話開始
  • NC/ANB:ノイズキャンセル機能・アンビエントモード・外音取り込み

が操作方法ですね。

 

ちょっと写真だと見えにくいですが、電源ボタンを長押しすると電源が入ります。

スピーカーの中でも、「電源オン」とクリアな声でお知らせをしてくれます。

 

ヘッドフォンのイヤーカップはこんな感じ。

 

耳に当たる部分は、低反撥ウレタンフォームという素材で作られています。

実際につけた感じ、確かに気持ちいいですね。

 

重さも200gちょっとなので、付けていてもあまり苦に感じません。

 

Sonyのワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nの感想とレビュー まとめ

Sonyのワイヤレスヘッドホン・WH-CH710Nを買ってみて、開封までをご紹介しました。

 

音楽の聞こえ方や、ノイズキャンセル機能を使ってみた感想など。

使い心地はまた別記事で紹介したいと思います。

 

ヘッドフォンを使うことって無かったのですが、耳をすっぽり覆う分、集中力が高まりそうです。

ブログを書く時やPCでの作業など、作業効率を高めるために活用してみたいと思います。

 

ちょっと脱線しますが、イヤフォンに関しては、

Powerbeats Proがめちゃめちゃオススメです。

 

1年近く使っていますが、僕はこれがマスターピースですね。

普段使いやワークアウトにもかなり使えますので、こちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事