超お手軽レンズ【RF24-240mm F4-6.3 IS USM】がリリース

RF24-240mm F4-6.3 IS USM




こんにちは、sho-designです。

 

Canonのプレスリリースが発信されていましたが、新しいRFレンズがリリースされましたね。

RF24-240mm F4-6.3 IS USM

という、広角から望遠までをカバーした、めちゃめちゃお手軽なズームレンズです。

このRF24-240mm F4-6.3 IS USMの

  • 概要・仕様
  • 僕なりの「どんな人にオススメか」

という、個人的なレビューをしていこうと思います ^^

 

RF24-240mm F4-6.3 IS USMの概要

おもな特長

RF24-240mm F4-6.3 IS USMは、広角から望遠までの幅広い焦点距離を1本でカバーする高倍率ズームレンズです。

「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスにより、画面の中心から周辺部まで優れた描写性能を実現しています。また、フルサイズセンサー対応の高倍率ズームレンズでありながら、小型・軽量を追及した設計により旅行など様々なシーンで気軽に携行することができます。

また、新設の「フォーカス/コントロールリング」は、切り換えスイッチによってフォーカスリング、またはコントロールリングとして使用できます。

引用:RF24-240mm F4-6.3 IS USM 概要

イメージムービー

その他の特徴

  • 焦点距離24mmから240mmの光学10倍ズーム
  • 超音波モーター「ナノUSM」搭載により快適な静止画・動画撮影を実現
  • 最大5段分の手ブレ補正効果
sho-design 石上
ナノUSMは、以前購入したEF70-300mm F4-5.6 IS II USMと同じAFモーター。

爆速のAFに、当時はめちゃくちゃ感動したのを覚えています!

このナノUSMを搭載しているだけでも、AFの信頼性はかなり高めです。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USM専用フード【ET-74B】を買ってみた

2017.11.19

 

RF24-240mm F4-6.3 IS USMの仕様

RF24-240mm F4-6.3 IS USM

外観はマットな質感のブラック。

RFレンズ特有のコントロールリングも、もちろん装備されています。

  • 画角(水平・垂直・対角線) 74°~8°35’・53°~5°45’・84°~10°20′
  • レンズ構成 15群21枚
  • 絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
  • 最小絞り 36
  • 最短撮影距離 0.5m
  • 最大撮影倍率 0.26倍(240mm時)
  • フィルター径 72mm
  • 最大径×長さ 約φ80.4×122.5mm
  • 質量 約750g

RF24-240mm F4-6.3 IS USMのアクセサリー(型番)

  • レンズフード EW-78F(2019年9月上旬発売予定)
  • レンズポーチ LP1219
  • レンズキャップ E-72 II(フロントキャップ)
  • レンズダストキャップ RF(リアキャップ)

 

RF24-240mm F4-6.3 IS USMのおすすめポイント

ここからは、僕自身の個人的なおすすめポイントです 笑

 

このレンズ、僕自身が買うか買わないかと言いますと、、、

買いません 笑

 

それにはちゃんと理由がありまして、仕事として使うには、レンズのスペックが物足りないからです。

 

開放F値がF4-6.3というスペックだと、

  • 暗い場所で、取り込める光量が足りない
  • ボケが弱い

この2つが大きなデメリットになるんですね。

室内での撮影は、多分致命的だと思います。

実際にCanonの公式ページを覗いてみても、室内での撮影サンプルは一切ありませんでしたので ^^;

 

ただ、僕自身もこのレンズを使いたいなーと思うシーンはたくさんあるんです。

それを一つずつ説明していきたいと思います!

RF24-240mm F4-6.3 IS USMが活躍しそうなシーン

まず前提として、このレンズは明るい屋外での利用がマストだと思います。

少し暗い場所ですと、必然的にISO感度を上げる必要が出てきてしまいますので、ノイズが乗るのは避けられないですね。

それを踏まえた上で、RF24-240mm F4-6.3 IS USMを有効活用できるシーンは、、、

1.旅行

まずは旅行ですね。

  • 一つのレンズだけで、カメラを持ち歩きたい
  • 荷物を出来るだけ少なくしたい
  • 広角で広い風景、望遠でポートレートや離れた被写体もカバーできる

といったメリットが挙げられます。

旅行に行くと、あれこれ色んな被写体を色んな焦点距離で撮りたくなるんですよね ^^;

そうなった時、「あぁ、あのレンズも持ってくればよかった!」と思うこともしばしばあるのです 苦笑

しかし、RF24-240mm F4-6.3 IS USMのように、10倍ズーム域という広いレンズであれば、広角も望遠も撮影ができます。

レンズ交換なしに、色んな距離の写真が撮れるのはめちゃめちゃ良いです。

子供と一緒に旅行したりすると、重い荷物を持つのも大変ですし、ちょっと目を離してレンズ交換するのも一苦労 ^^;

なので、このRF24-240mm F4-6.3 IS USMというレンズ一本で完結出来るのは、非常に嬉しいですね。

2.運動会

次に運動会。

  • 広角で組体操の全景、望遠でリレーや玉入れなどの部分的なショットを撮影出来る
  • ナノUSMの恩恵で、サーボを使ったAFの撮影でもピントが合いやすい

運動会といえばスポーツ撮影の部類に入ると思うのですが、リレーで走っている人物など、動いている被写体は難しいですよね。

しかし、ナノUSMのAFはかなり優秀なので、素早く動く選手にもピタッと吸い付くようにピントを合わせてくれます。

向かってくる被写体に対してサーボ機能は本当に有効なので、レンズの効果も合わさって力を発揮してくれるのは嬉しいポイント。

もちろん旅行と一緒で、一本のレンズで広角もズームも両方取れるのも大きなメリットです。

 

RF24-240mm F4-6.3 IS USM まとめ

RF24-240mm F4-6.3 IS USMはプロカメラマンが仕事で使うとすると、ちょっとスペックが足りないレンズかもしれません。

が、ファミリーで利用するにはとっても便利な一本だと思いました ^^

 

レンズ一本だけで持ち歩き、色んな焦点距離の写真が撮れるのは本当に良い!

ボケ味や明るさなどのデメリットももちろん出てきますが、それでも楽さに勝るものは無いかもです 笑

関連記事