Canonのレンズ【RF85mm F1.2 L USM】を試してみたのでレビュー

RF85mm F1.2 L USM1




こんにちは、sho-designです。

 

先日、中古で購入したEOS 60Dをメンテナンスに出すため、銀座のCanonショールームへ行ってきました。

EOS 60Dを預けた後、ショールームに飾られているカメラをプラプラと物色していると、、、

RF85mm F1.2 L USM1

めちゃめちゃゴツいLレンズが!!

そういえばRFレンズから単焦点の85mmがリリースされていたのを思い出しました。

それがこの、

RF85mm F1.2 L USM

です。

 

EOS Rシリーズの新しいマウントであるRFレンズの新しい一本。

EOS Rに装着して、実際に写真を撮ってみましたのでレビューしていきます。

 

RF85mm F1.2 L USMとは

RF85mm F1.2 L USM9

絞り開放F1.2から高解像・高コントラスト。開放F1.2からシャープな描写と美しいボケ味を両立する大口径・標準単焦点レンズ。シャープな描写と美しいボケ味を両立し、ポートレートレンズに相応しく、積極的に絞りを開けた撮影が可能です。

BRレンズをはじめとして、UDレンズや非球面レンズを効果的に配置し、色収差を抑制。

[ASC]コーティングによりフレア・ゴーストも大幅に低減します。

また、フッ素コーティングなどメンテナンス性にも優れ、防塵・防滴性能を発揮。

機能割り当てが可能なコントロールリングも搭載しています。

引用:Canon RF85mm F1.2 L USM 概要

RF85mm F1.2 L USM 仕様

  • 画角(水平・垂直・対角線):24°・16°・28°30′
  • レンズ構成:9群13枚
  • 絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
  • 最小絞り:16
  • 最短撮影距離:0.85m
  • 最大撮影倍率:0.12倍
  • フィルター径:82mm
  • 最大径×長さ:φ103.2×117.3mm
  • 質量:約1,195g
sho-design 石上
85mmでF値1.2通しという、ポートレート撮影には神レンズとなりそうな一本ですね。

しかし、重さ1.2kgとめちゃめちゃ重いです 笑

ただ、F値開放で撮影した時の、後ろのボケ具合はまさにトロけた状態!

EOS Rシリーズでの作品撮りには最強ですね。

 

RF85mm F1.2 L USMで撮影してみた

銀座のCanonギャラリーにて、許可を頂いてEOS Rに自前のSDカードを入れて撮影させてもらいました。

自分のSDを使うのはNGかなと恐る恐る伺ったところ、快くOKして下さいました!

銀座のスタッフさん、雰囲気も良くて素敵すぎました。

RF85mm F1.2 L USM2

実際に撮影してみたとは言え、撮れるのはとりあえずショールームの中だけ。

(許可を取れば、外に出ても良いのかな?)

ちょうどショールームではシルバニアファミリーの展示会をやっていたので、それを被写体として撮影してみました。

ちょっと引いた距離から撮影した写真です。

ちなみに全部の写真を開放F値のf1.2で撮影しています。

 

RF85mm F1.2 L USM3

ちょっとトリミングしていますが、内部に寄ってみました。

めちゃめちゃ鮮明!

というか、シルバニアファミリーの精巧さにもビックリ!

 

RF85mm F1.2 L USM4

少し離れた場所にあった、PCモニターにピントを合わせてみました。

EOS RのAFもかなり精度がよく、スッと合ってバチッと決まる感覚でした!

そして背景の溶け具合、、、

立体感がめちゃめちゃ良いですね ^^

 

RF85mm F1.2 L USM4

同じような距離で、シルバニアファミリーの建物を撮影。

すんごいクッキリ!!

開放F値が1.2なので、被写界深度もかなり浅いですね。

 

RF85mm F1.2 L USM5

更に引いてみました。

手前のモニターの前ボケ具合もすんごい良い。

そして1,000pxまで画像を圧縮していますが、それでも解像度がクッキリとしていますよね。

 

RF85mm F1.2 L USM7

人は撮れないので、モニターを人の顔と想定して撮影。

418の数字が瞳だとしたら、奥の方はもうすでにボケていますよね。

少しでも顔に角度をつけると、ピントがかなりシビアです。

しかし、ピタッとハマった時はとても印象的な写真に仕上がりそうですね ^^

 

RF85mm F1.2 L USMを使ってみた まとめ

Canonのショールームに行くと、全ての機種やレンズが実際に使えるので、めちゃめちゃ楽しいですね 笑

今回も使うつもりで言ったわけではなかったのですが、偶然展示されていたのでラッキーでした ^^

 

実際に使ってみた感想としては、ポートレートを撮影するにはスゴイ楽しそうだなという印象。

しかし、デメリットとしては、、、その重さ!

レンズだけで1kg以上あるので、軽い本体のEOS Rだとバランスがやはり前に傾いてしまいますね。

屋外撮影などで持ち歩く分には、かなり腕の疲労が予想されます 笑

 

ちなみに気になる価格ですが、カカクコムの本日付(2019年7月9日)の最安値は307,522円でした ^^;

もう少し普及してくれれば中古品も出てくるかもしれませんが、まだまだEFレンズほどの循環は無いですよね。

それでも、使ってみてワクワクする一本には間違いないので、気になる人はとりあえずCanonのショールームで試してみることをオススメします!

関連記事