スマホ充電は、ChargeSPOT(チャージスポット)が最高に便利だった




こんにちは、sho-designです。

 

スマホの充電を忘れて、外出先で電池がヤバくなることってありますよね。

 

充電先はなかなか見つからない、、、

コンビニで充電器を買ったりすると高くつく、、、

と、電池切れをしてしまうと、良いこと無しです。

 

そんな時に便利なのが、

ChargeSPOT(チャージスポット)

というサービス。

 

街中に充電器が設置されていて、スマホのアプリでレンタルできるというもの。

気になっているけど、使ったことがないという人も多いハズ。

 

この記事で、ChargeSPOT(チャージスポット)の紹介をしていきたいと思います。

 

スマホ充電は、ChargeSPOT(チャージスポット)が最高に便利だった

ではまず最初に、ChargeSPOT(チャージスポット)が、

どういったサービスなのかを紹介します。

 

ChargeSPOT(チャージスポット)とは?

チャージスポットは、日本初の持ち運び可能なスマホ充電器のシェアリングサービスです。

「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、充電不足によるストレスを無くし、より良いライフスタイルをご提供します。

 

ChargeSPOT(チャージスポット) 3つの特徴

1.どこでも貸出・返却可

返す場所はどこでもOK。

移動しながら自由に充電できます。

どこでも借りられて、どこでも返せるスマホ充電器シェアリングサービスです。

ChargeSPOT(チャージスポット) 設置MAP

2.3タイプのケーブルが内蔵

USB-C・iOS・Micro USBの3タイプのケーブルが内蔵。

ほぼ全てのスマートフォンに対応。

ケーブルを別に用意する必要がありません。

3.お手頃なレンタル料金

最初の1時間未満で150円。

その後48時間まで300円でレンタルできる、お手頃価格。

 

こちらは設置箇所のマップですが、思った以上に設置数が多いことにビックリしました。

都内であれば、出先で借りて、地元で返すということも出来ますね。

 

ChargeSPOT(チャージスポット) の料金

最初の1時間未満で150円、48時間まで300円(税抜)

そのあとは、1日150円(税抜)で使用が可能。

※レンタル開始後168時間(7日間)を超えた場合は、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生。

全て税抜き価格。

 

1週間借りても1,050円(税別)って、普通に破格ですよね、、、

コンビニで売っているモバイルバッテリーなんて、安くても2,000円くらいしますし。

 

ChargeSPOT(チャージスポット) 登録と初期設定

ChargeSPOT(チャージスポット) の登録と初期設定について、説明していきます。

 

1.ChargeSPOT(チャージスポット) アプリをダウンロード

App StoreやGoogle Playで、チャージスポットのアプリをダウンロードします。

初回限定クーポンが使えます

このリンクからアプリをダウンロードして登録すると、初回限定のクーポンが付与されます。

もしよろしければ、お使い下さい。

http://api.charge-spot.com/v2/h5/share/2140183

 

2.携帯番号を入力して、認証コードを受け取る

アプリの登録時、携帯番号を入力。

SMSで認証コードが届くので、それを入力すれば完了です。

登録までほんの数分、本当に簡単。

 

決済はレンタルの際に選択できるので、登録時は何もしなくてOKです。

 

実際にChargeSPOT(チャージスポット)を使ってみた

初期登録を済ませ、実際にChargeSPOT(チャージスポット)を使ってみました。

その時の様子を、写真でご紹介します。

 

こんな感じで、コンビニや居酒屋などに、ChargeSPOT(チャージスポット)が設置されています。

基本的に、充電器が刺さっていれば、それをレンタルすることが可能です。

 

右下にあるQRコードをアプリで読み取ることで、受電機を借りることが出来ます。

 

アプリで充電器をレンタル

ChargeSPOT(チャージスポット)のアプリでQRコードを読み込むと、レンタル場所の情報が表示されます。

利用料金の確認が表示されるので、OKであれば支払い方法を選択して決済します。

 

ちょっと画面がずれてしまっていますが、レンタルが完了するとこんな画面に。

バッテリーのシリアル番号と、現在の利用時間が表示されていますね。

それに伴い、利用料金も時間の経過とともに表示されていきます。

 

端末側はロックが解除されて、充電器を取り出せる

アプリでの決済が完了すると、端末側の充電器が取り出せます。

ランプが消えて1つポコンと飛び出すので、その充電器を取り出します。

 

取り出した充電器はこんな感じ。

そこそこのサイズがありますが、重くはないですね。

 

充電器の裏側です。

ケーブルが3種類あるのですが、コレがめちゃめちゃいいですね。

 

USB-C・ライトニングケーブル・Micro USBの3つで、

IOSとAndroidのスマホは、ほとんどカバーしています。

 

全部を取り外してみるとこんな感じ。

2台まとめてとかも、充電できそうですね。

 

使った後は、空いているスロットに戻せばOK。

それでレンタルの返却は完了です。

 

ただ、スロットが埋まっていると返却できないので、アプリで空き情報もチェックしましょう。

 

返却後にアプリを確認すると、今回の利用料金が表示されます。

今回は30分ほどレンタルしたので、税込み165円でした。

 

スマホ充電は、ChargeSPOT(チャージスポット)が最高に便利だった まとめ

スマホの充電を忘れた時、ChargeSPOT(チャージスポット)は本当に便利に感じます。

 

僕もこの存在を知ってからすでに4回は使わせてもらています。

アプリの登録や決済も簡単ですし、価格もかなり安いと感じています。

 

まだ体験したことない人は、ぜひ一度お試し下さい。

初回限定のクーポンもありますので、お得に使っていただけますよ。

初回限定クーポンが使えます

このリンクからアプリをダウンロードして登録すると、初回限定のクーポンが付与されます。

もしよろしければ、お使い下さい。

http://api.charge-spot.com/v2/h5/share/2140183

 

関連記事