【室内用アンテナ】テレビ用コンセント無しでもテレビを見る方法




こんにちは、sho-designです。

 

引っ越ししたアパートの部屋なのですが、リビングのテレビ用コンセントが、ちょっと変な場所にあるんですね。。。

リビングの中央にテレビを置きたいのですが、なぜかテレビコンセントは逆のハジの方に設置。

 

  • コンセントから無線で飛ばせないか
  • なんとか線を伸ばしてテレビに繋げないか
  • いっそのこと、テレビを見ないようにするか

と、色々と悩んだのですが、、、

室内アンテナという存在を知りました。

 

【室内用アンテナ】テレビ用コンセント無しでもテレビを見る方法

そう、テレビ用のコンセントがない場合でも、室内用のアンテナを使えば、

ちゃんとテレビを見られる可能性はあります。

条件もありますが、僕自身はこの室内用アンテナでちゃんと映りました。

 

テレビ用の室内アンテナとは?

室内アンテナとはその名の通り、室内に設置するタイプのテレビアンテナ。

室内にアンテナを立てて電波を受信。

アンテナとテレビをケーブルで繋ぐことで、テレビを見る装置のことです。

 

通常、賃貸でテレビを観るためには、テレビ用のコンセントにケーブルを差してテレビに繋げます。

が、今回の僕のように、コンセントが使えなかったり、そもそもない場合に活用できるアイテムなんですね。

 

室内用アンテナのメリット・デメリット

助け舟のような室内用アンテナですが、メリットもあればデメリットもあります。

 

メリットは、

  • 置くだけの設置なので、工事がいらない
  • 価格が2,000円〜10,000円程度と安い
  • 電波がきちんと受信できれば、十分キレイに移る

といったところ。

 

反対にデメリットですが、

電波が弱いと、テレビが映らない

これにつきます。

そして、実際に使ってみないと、電波の状況はわからないんですね、、、。

なので、価格は安いといえど、安物買いの銭失いになる可能性もあるのが正直なところです。

 

オススメの室内用アンテナ【Gndie ブースター付き室内アンテナ】

僕自身が今回購入した室内用アンテナは、

Gndie ブースター付き室内アンテナ・4K HDTV。

 

購入したポイントは、

  • 価格が2,000円と安い
  • アンテナが薄い1枚シートで、場所を取らずデザインも邪魔しない
  • ブースターが付いている

といった点ですね。

カラーも黒と白の2種類があるので、部屋の雰囲気にも合わせやすいです。

 

今回はAmazonで購入しましたが、楽天でも買えるので、買回り品としても良いですね。

Gndie ブースター付き室内アンテナをAmazonで見る

Gndie ブースター付き室内アンテナを楽天で見る

 

Gndie ブースター付き室内アンテナ 開封と設置

Gndie ブースター付き室内アンテナの外箱です。

サイズも20cmくらいの正方形で、かなりコンパクト。

Primeなので、Amazonで翌日に届くのも嬉しいですね。

 

箱の裏側。

中国製ですが、説明文はすべて英語です。

 

中身はこんな感じ。

本体とケーブル類ですね。

それと、接着用の両面テープが数枚入っていました。

 

Gndie ブースター付き室内アンテナの本体

Gndie ブースター付き室内アンテナの本体です。

写真は裏側でした、、、。

赤い部分は両面テープになっていて、窓などに貼り付けることが出来ます。

 

厚さは本当に数ミリといった具合。

下敷きみたいにペラペラで、本当にこんなのが使えるのって感じです。

 

本体とブースターの電源をつないでいきます。

テレビ線と同じケーブルをつなぐだけなので、とっても簡単。

 

ブースターはUSBから給電できるので、テレビに付いているUSB端子から電源を取ります。

コンセントを使わなくて良いので、スペースを取らなくて助かります。

 

ケーブルをつなぐだけで、設置は完了。

試しに窓際に置いてみました。

 

テレビの機種によりますが、設定でアンテナからチャンネルを登録します。

自動的にサーチして、2分くらいして完了。

 

無事にテレビが映りました

すると、、、

無事にテレビが映りました!!

アンテナがあまりに安っぽい感じがしたので、これで映ることに感動です。

 

映像もちゃんとキレイで、普通にテレビコンセントから引いているのと何も変わらない質感。

民放は全局キレイに写りましたね。

 

場所により、電波が入らない場合も

無事についたテレビですが、やはり多少の不具合も。

  • 人が遮ると、映像が乱れることがある
  • 窓を閉めた場合、かなり電波が弱くなる
  • コードがちょっと邪魔になる

といったところが気になったポイントですね。

 

干渉するのか、人が通ると映像が乱れることが何度かありました。

 

そして、かなり厄介なのは窓問題。

窓を開けていると感度はめちゃめちゃ良いのですが、閉めた瞬間に映らないことが多々あります。

もしかしたら網戸を反対側にずらせば解決するのかもしれません。

 

あとはテレビからコードを伸ばして窓際まで伸ばすので、どうしても邪魔になってしまいますね。

モールなどで這わせて対策するか、電波が入るのであれば壁に貼り付けることをオススメします。

 

【室内用アンテナ】テレビ用コンセント無しでもテレビを見る方法

ちょっとした不満はあるものの、テレビコンセントを使わずにテレビが見られるようになり、結果としては良かったです。

ネットで色々と方法を調べても、なかなか具体的な解決策まではたどり着けなかったんですね。

なんとか室内用アンテナの存在を知ることが出来て、本当に助かりました。

 

住まいの位置や、周りの建物によっても電波の環境は変わってきます。

実際に室内用アンテナを買ってみないとわからない部分もありますが、2,000円ちょっとで成功すればコスパは良いのかなと。

 

ただ、買う際はブーストが付いているものを確実にオススメします。

ブーストがないと、全然電波を拾ってくれないので、やはり大事な機能なんだなと思いました。

 

僕と同じように、テレビコンセントが使えずにテレビが見られない人に、

この記事が役立ってくれれば嬉しいです。

 

Gndie ブースター付き室内アンテナをAmazonで見る

Gndie ブースター付き室内アンテナを楽天で見る

関連記事