FIFINEのコンデンサーマイク・K669B|口コミレポート




こんにちは、sho-designです。

 

発信の幅を広げたいと思い、音声配信をしてみたいと考えております。

せっかくなので、コンデンサーマイクを使って、良い音を撮りたいと思いまして、、、

FIFINEのコンデンサーマイク・K669B

を購入しました。

 

ネットでも性能とコスパの両面から評価が高いアイテム、K669Bについて。

使ってみた感想をレビューしていきます。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669BをAmazonで見る

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを楽天(送料無料・最安値)見る

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669B|口コミレポート

まず、FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bについて。

どんなアイテムかを紹介します。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bについて

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bは、低価格で高品質なコンデンサーマイク。

  • ゲーミング
  • Skype
  • 通話
  • コンピューター電話
  • ライブ
  • 配信
  • ニコニコ放送
  • YouTube
  • 動画投稿
  • 宅録
  • ナレーション
  • ゲーム実況

などのシーンで、きれいな音声を配信・録音することが出来ます。

 

高集音力

特殊なノイズ抑制技術で、周りの雑音、ホワイトノイズを抑えます。

単一指向性コンデンサーマイクのカーディオイド線性集音特性を採用し、真正面からの音に感度が一番高く、約130°の範囲で収音。

高集音性で30cm離れてもクリアに集音でき、音声をキレイで忠実に再現することが出来ます。

 

金属製

本体とマイクスタンドは耐久性に優れた合金で作られています。

重量感があり、安定性が抜群。

全体はテクノロジーブラック金属の質感で、価格以上の高級感もあります。

三脚に立てながら、マイクの角度も変えることができます。

 

USBで簡単接続

プラグインパワー方式で、USBケーブル一本でパソコン・PC・PS4に接続するだけで認識。

複雑なドライバーインストールも不要で、すぐに使えます。

長さ180cmのUSBケーブルなので、スペースに余裕を持って使用することが出来ます。

 

ボリューム調節も可能

入力音量(ボリューム)の調節ボタンが付き、ライブ配信や実況時に、手軽に音量調節が可能。

つまみを最小にすると、ミュート状態にすることも出来ます。

 

品質保証

FIFINEでは、12ヶ月の商品品質を保証。

初期不良や期限内の故障の場合は、返品・交換のサービスを提供しているので、安心して使えます。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bのスペック

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bのスペックは、

  • 本体重量:約305g(マイクコード含み)
  • マイクスタンド重量:約80g
  • ポーラーパターン:单向
  • 周波数範囲:20Hz-20KHz
  • 色:ブラック
  • 周波数応答:20KHz
  • コネクタタイプ:USB Type-A
  • オーディオ感度:34dB
  • 材質:Metal
  • S/N比:78dB

となっています。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの価格

今回はAmazonでFIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを購入。

Primeで価格は5,099円。

カラーによって値段が異なり、ピンクは4,999円になっていますね。

 

楽天で調べたところ、最安値が4,980円。

しかも、4%のポイントアップをしているショップもあったので、SPUと合わせると20%引きもありえますね。

その場合、約1,000円ほどのポイントバックも見込めるので、タイミングが合えば楽天での購入もアリですね。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669BをAmazonで見る

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを楽天(送料無料・最安値)見る

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669B 開封

Amazonで注文後、翌日に届きました。

こちらがFIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの外箱。

 

サイズはかなり小さくコンパクト。

FIFINE(ファイファインと読むらしいです)はアメリカの会社らしいですね。

 

開けてみると、こんな感じ。

緩衝材が一番上に乗せられていて、リーフレットが見えます。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの取扱説明書

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの取扱説明書と、FIFINEの保証に関するリーフレット。

どちらも日本語でちゃんと書かれていますね。

 

取扱説明書も、しっかりと日本語で書かれているので、設定も簡単そう。

製品保証に関しては、メールアドレスを登録する必要があるようです。

 

リーフレットの下には、FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの本体が。

ビニールには入っていなく、緩衝材にくるまれています。

 

三脚の足部分のビニールが破れていますが、、、

まぁこれくらいの細かいことは気にせずいきましょう。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの本体

こちらがFIFINEのコンデンサーマイク・K669Bの本体です。

本体と一緒に、三脚も付属でついています。

 

USBケーブルはあらかじめ本体についていて、取り外しは不可です。

1.8mもあるので、かなり長いケーブルですね。

 

三脚はこんな感じ。

足が折り畳める様になっていて、広げるとカチッとハマるタイプですね。

 

マイクの本体から横に出ている三脚用のネジに、三脚を差し込みます。

 

汎用の3/8″-5/8″の変換ネジを使うと、この穴にアームをつなげることも出来るようですね。

吊り下げて使いたい場合は、ここに取り付けます。

 

三脚を取り付けるとこんな感じ。

三脚の真上ではなく、横にマイクの本体が来るので、慣れないとちょっとした違和感もありますね。

 

こちらのボリュームがある方が正面で、K669Bは単一指向性のマイク。

正面からの音を主に拾ってくれます。

なので、後ろから話した場合はクリアに拾ってくれません。

遠くから話している、そんな風に聞こえてしまうということですね。

 

こちらが後ろ側。

下のリングがスムーズにクルッと回るので、前後は簡単に入れ替えることが出来ます。

 

ケーブルの先にはUSB端子です。

Type-Aなので、MacBook Proに繋げる場合はType-Cへの変換器が必要ですね。

 

ケーブルは1.8mの長さがあるので、PCから話して使えるのは便利。

リモートワークの時にも、スペースがある程度自由に使えそうです。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを使ってみた

では、実際にFIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを使ってみます。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを、Macに接続する方法

まず、MacBook ProにK669Bを繋げて使う方法をご紹介します。

やり方はとっても簡単。

  1. USBを差し込む
  2. 設定→サウンド→入力で、K669Bを選択

これで完了です。

 

画像でも詳しく説明しておきますね。

 

USBを差し込む→設定

USBを差し込んだら、設定から「サウンド」を選択します。

 

入力→USB PnP Audio Deviceを選択

入力の項目を選択すると、サウンド入力の装置が選択できます。

その中にUSB PnP Audio Deviceという項目があるのでそちらをチェック。

K669Bという名前ではないのでご注意を。

これでMacBook Proの入力はFiFine K669Bになっています。

 

MacBook ProとFiFine K669Bの音声を比較

実際に音声を録音して、質感を比較してみました。

比較対象は、MacBook Proの入力マイクだけなので、サンプルとしてはちょっと物足りなさもありますが 苦笑

 

前半がMacBook Proで、後半がFIFINEのコンデンサーマイク・K669B。

実際に聞いてみますと、雑音の入り方や、声のクリアさは明確だと思いました。

 

他のYou Tubeやブログでのレビューでもありましたが、

5,000円ちょっととは思えないほどの音声のクオリティですよね。

僕自身も音響などのガジェットにはあまり詳しくないのですが、素人でも質感の違いはわかります。

 

確かに、ちょっとした音声を録音したり、動画に付随する音声を取る場合など、K669Bで十分かと思います。

正直、数万円する機材との違いもわからないような感じ。

なので、僕自身のようなライトユーザーは、これで十分です。

 

FIFiNE K669B ネットでの口コミ

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669B|口コミレポート まとめ

初めてマイクというガジェットを買ってみましたが、クリエーター心をくすぐるアイテムでした。

一眼レフカメラで初めてボケを味わったような感覚に似ていますが、やはり質感の違いを感じられるのは楽しいですね。

 

せっかく購入したので、これから音声メディアへの配信も出来ればと考えています。

音声の質以上に、自分のトーク力を磨かなくてはという大問題がありますが、、、

その点も少しずつレベルアップしていければと 苦笑

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669B、価格も5,000円程度でお手軽ですし、初心者が導入するには非常にオススメ。

音声の質を上げたいと考えている人は、ぜひ使ってみて下さい。

 

FIFINEのコンデンサーマイク・K669BをAmazonで見る

FIFINEのコンデンサーマイク・K669Bを楽天(送料無料・最安値)見る

 

関連記事