【Gmailの使用容量を減らす】一括削除の大掃除をする方法




こんにちは、sho-designです。

 

今回はGmailのお役立ち情報をお届けします。

 

Gmailをはじめとした、Googleのアカウント。

1アカウントあたり15GBの容量を与えられています。

 

この15GBで、

  • メール(テキスト・添付ファイル)
  • ドキュメント、スプレッドシート、スライド
  • 写真・動画

などを割り当てて使えるわけですね。

 

僕が使った当初は2GBだったのですが、気づけば7倍以上に。

もしかしたら今後も増えるかもしれませんね。

 

しかし、15GBもあると言いつつも、意外と容量をフルに使ってしまうこともありますよね。

 

僕の経験では、

メールに添付されているファイル

がかなり容量を占めてしまうパターンが多いんです。

 

なので、今回はGmailに添付されているファイルを指定検索して、

一気に大掃除する方法をご紹介します。

 

【Gmailの使用容量を減らす】一括削除の大掃除をする方法

僕自身の経験ですが、Gmailの容量だけで10GBを使ってしまっていたんですね。

これはヤバいと思い、思い切って過去のメールを断舎離することを決意しました。

 

そこで実践したことは、

  • 2MB以上の添付ファイルがついている
  • 3年前以上に送られてきたもの

をソートして、全部消すという方法です。

 

Gmailで条件をつけて検索する方法

やり方はとっても簡単です。

 

Gmailの検索窓に、

size:3m older_than:2y

と入力するだけ。

 

英語のままなのでわかりやすいですよね。

 

まず、「size:」でメールのサイズを指定できます。

3mと入れることで、3MB以上の容量のメールを指定。

 

この数字を変えることで、容量を数値で指定できます。

1mであれば、1MB以上のサイズになるので、より多くのファイルを抽出できますね。

 

次に、「older_than:2y」で送られてきた日付を指定できます。

  • y:年
  • m:月
  • d:日

と、幅を狭めることも可能です。

 

この条件で検索することで、

2年前以上で、3MB以上のメール

を抽出することが出来ます。

 

実際に検索すると、バーっと指定されたメールが表示されるはずです。

 

Gmailの検索窓に、条件を入れて検索

では、実際の画面でやってみましょう。

 

Gmailの画面ですが、

size:3m older_than:2y

と入力して検索をかけます。

 

こんな感じで、バーっと条件に合ったメールが表示されます。

これを検索したのが2020年7月2日です。

2018年の6月末のメールが一番上に来ていますね。

 

どのメールにも、添付ファイルが付いていることもわかります。

 

メールの上にある□をクリックすると、表示されている全てのメールが選択されます。

こちらを押して、全部のメールを選択状態にします。

 

チェックマークが入ったら、下に表示されているメールもチェックされたはずです。

その状態になったら、右にあるゴミ箱マークをクリックして、メールをゴミ箱に。

 

この状態だと、まだゴミ箱にはメールが残っているので、容量もそのまま。

少しもったいない気持ちもありますが、最後の仕上げでゴミ箱を空にします。

 

これでGmailの断捨離は完了です。

 

【Gmailの使用容量を減らす】一括削除の大掃除をする方法 まとめ

以上の方法が、僕が実践したGmailの容量を減らす、断捨離・大掃除の方法です。

 

過去のメールは残しておいても良いのかなとも思っていたのですが、99%は使わないと判断。

なので、気持ちよくスッキリするために、容量ベースで断舎離しました。

 

使い続けていると、意外とGoogleの容量ってどんどん埋まっていきますよね。

定期的にクリーンアップして、キレイにしておくと気持ちも良いものですよ。

 

この方法で、ぜひGmailのメールボックスを整理してみてはいかがでしょうか。

関連記事