Googleスプレッドシート データをcsv形式でダウンロードする方法




こんにちは、sho-designです。

 

僕は会社の経理を、会計ソフトの「弥生会計オンライン」で処理しています。

が、日々の仕分けは何かと面倒。

 

しかし、最近気付いたのですが、csvファイルで仕分けをまとめてインポートできるんです。

これはめちゃめちゃ便利!

使わない手はないと思い、早速その手段に切り替えました。

 

僕はMacにEXCELを入れていないので、Googleのスプレッドシートを代用しています。

今回は、Googleスプレッドシートで作成したデータを、csvファイルでダウンロードする方法をご紹介します。

 

Googleスプレッドシート データをcsv形式でダウンロードする方法

やり方はとっても簡単です。

 

まず、Googleスプレッドシートでデータを作成します。

今回は弥生会計でインポートすることを前提に作っているので、

  • 日付
  • 金額
  • 適用

の3科目だけで、データを作っていきます。

 

こんな感じで、

  • A列:日付
  • B列:金額
  • C列:適用

で情報を入力します。

これをcsvファイルにしてダウンロードしていきます。

 

スプレッドシートの左上にあるメニューから、

ファイル→ダウンロード→カンマ区切りの値(.csv)

という順で追っていくと、csvで保存できる項目があります。

 

あとは「カンマ区切りの値(.csv)」をクリックするだけ。

自動的にcsvファイルが、PCローカルにダウンロードされます。

 

たったこれだけで、csvファイルが作れてしまうんですね。

 

Googleスプレッドシート データをcsv形式でダウンロードする方法 まとめ

これだけの作業で、csvファイルは簡単に作成可能です。

スプレッドシートにデータが入力されていれば、1分もしないで作業は完了します。

 

僕の場合は弥生会計オンラインにインポートするために使っていますが、

csvファイルはデータ入力の場面で使うことが多いですよね。

 

EXCELを使わなくても、Googleスプレッドシートだけで簡単に作れるのも嬉しいですよね。

もちろんGoogleスプレッドシートは無料でつかえるツールなので、まさにGoogle様様です。

 

csvファイルのダウンロード方法、ぜひ活用して頂けると嬉しいです。

関連記事