Macのテキストエディットで、csvのエンコーディングを変更する方法




こんにちは、sho-designです。

 

以前、Googleのスプレッドシートのデータを、csv形式でダウンロードする方法をご紹介しました。

関連記事
Googleスプレッドシート データをcsv形式でダウンロードする方法

 

僕自身、このcsvファイルを弥生会計にインポートするために使っています。

が、ダウンロードしたままの状態でインポートすると、、、

文字化けをしてしまうんですね。

 

この原因は、文字のエンコーディングが適応していないことにあります。

Macのデフォルトだと、UTF-8の状態。

弥生会計にインポートする場合、これをShift JISに変更する必要があります。

 

今日は、Macのテキストエディットというアプリを使い、

csvファイルの文字エンコーディングを変更する方法を紹介します。

 

Macのテキストエディットで、csvのエンコーディングを変更する方法

Macのテキストエディットで、エンコーディングを変更する方法を、画像で説明していきます。

ちょっと複雑に感じるかもしれませんが、作業自体は簡単なのでご安心を!

 

csvファイルをテキストエディットで開く

まず、Macに標準で入っている「テキストエディット」というアプリで、csvファイルを開きます。

今回は弥生会計にインポートするための、経理の情報が入ったcsvファイル。

こんな感じで、日付・価格・概要がカンマ区切りで入っています。

 

「ファイル」から、csvファイルを複製

上のメニューから、「ファイル」を選択。

その中の「複製」という項目をクリックして、元のデータを複製します。

「shift+⌘+S」のショートカットキーでもOKです。

 

複製ボタンを押すと、同じファイルが重なるように表示されます。

タイトルに「◯◯(元データ名)のコピー」という名前でファイルが作成されています。

 

「ファイル」→「保存」で新規にファイルを保存する

複製されたファイルは保存されていない状態なので、新規に保存します。

上にあるメニューから「ファイル」→「保存」を選択して保存します。

⌘+SのショートカットキーでもOKです。

 

保存時のメニューで、テキストのエンコーディングを選択する

保存を押すと、保存時の設定画面が表示されます。

大事な部分が、「標準テキストのエンコーディング」という箇所。

赤い線で囲っている部分を変更していきます。

 

「標準テキストのエンコーディング」から、エンコーディングを変更する

Googleスプレッドシートからダウンロードしたcsvファイルは、

標準でUnicode(UTF-8)となっていました。

 

これを弥生会計にインポートするために、「日本語(Shift JIS)」に変更します。

日本語(Shift JIS)にカーソルをあわせて、選択すればOK。

 

標準テキストのエンコーディングが、日本語(Shift JIS)になりました。

 

そして最後に。

ファイルの名前が

「◯◯(元データ名)」のコピー.txt

となっているので、ここの拡張子は.csvに変更して下さい。

インポートする用のファイルなので、csvファイルに拡張子を変えておかないといけません。

 

最後に、右下の「保存」を押せば完了です。

これで無事に、文字のエンコーディングの変更が完了です。

 

Macのテキストエディットで、csvのエンコーディングを変更する方法 まとめ

以上の方法で、Macのテキストエディットを使い、csvファイルのエンコーディングを変更が出来ます。

普段から使う機能ではないかもしれませんが、たまに必要になることもあります 笑

 

僕自身も、弥生会計でデータをインポートすることがなければ、この機能を使うことはなかったと思います。

同じように悩む人がいたら、ぜひこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

 

関連記事