Ulanzi スーパークランプ|バイクにGoProを手軽に取り付けてみる




こんにちは、sho-designです。

 

You Tube用の素材として、バイクの乗車動画を取りたいと思っていました。

レブルのフレームに取り付けるために、どうすれば良いのか?

手元にはGoProやDJI Pocket 2があるのですが、マウントをどうするか迷っていたんですね。

 

そんな中、Amazonで見つけたのがこちらのアイテム

Ulanzi スーパークランプ

です。

 

ネジ型のクリップでホールドするタイプなので、バイクへの取り付けも簡単。

バイクのフレーム以外にも、テーブルや柱にも取り付けられるので、使い回しも可能なアイテムです。

Ulanzi スーパークランプについて、この記事で紹介していきたいと思います。

 

Ulanzi スーパークランプを楽天(送料無料・最安値)で見る

Ulanzi スーパークランプをAmazonで見る

 

Ulanzi スーパークランプ|バイクにGoProを手軽に取り付けてみる

まずUlanzi スーパークランプについて。

どんなアイテムかを紹介していきます。

 

Ulanzi スーパークランプの概要

高い安定性

ボディが一体型で、安定性が高くズレにくい設計。

クリップのシリコンパッドは接着剤ではなく、埋め込み式。

しっかりホールドして、より安定して滑りにくくなっています。

 

多機能

クリップの最大開口量は、2.3インチ(6cm)。

ポール等にアクセサリーを固定するのに役立ちます。

テーブル、バイク、自転車のハンドルなどに適しています。

 

高い汎用性

アクションカメラ用マウント付属。

クリップの背面にある1/4インチと3/8インチのネジは、

  • コンパクトカメラ
  • モニター
  • LEDビデオライト
  • マイク
  • フラッシュライト

などの取り付けに役立ちます。

 

360°回転可能

上下2つのボールヘッドは360°の角度調整が可能。

ボトムクリップの最大開口量は60mm、耐荷重は1.5kgです。

 

高品質な素材

頑丈なアルミニウム合金と精密なCNC細工のアルマイト素材を使用。

頑丈で耐久性があり、クリップ部分には傷を防ぐためのゴムパッドが埋め込まれています。

 

Ulanzi スーパークランプのスペック

  • 商品の重量:250 g
  • 梱包サイズ:‎13.7 x 11.1 x 4.9 cm; 250 g
  • 商品モデル番号:‎R904
  • その他機能:‎角度調整可能
  • カラー:黒

 

Ulanzi スーパークランプの価格

今回はAmazonでUlanzi スーパークランプを購入。

価格は1,880円で、残っていたポイントを使用して1,729円でした。

 

楽天でも同じアイテムが販売されており、楽天経済圏を活用している人はそちらもオススメ。

スーパーセールや5・0のつく日などをフル活用すれば、20%オフも可能です。

 

Ulanzi スーパークランプを楽天(送料無料・最安値)で見る

Ulanzi スーパークランプをAmazonで見る

 

Ulanzi スーパークランプ 開封

Amazonで購入して、翌日に到着。

届いたUlanzi スーパークランプを早速開封していきます。

 

こちらが外箱。

かなりしっかりした箱で、安っぽさがなくいい感じです。

 

箱の反対側はこんな感じ。

中国製と書かれていますね。

 

箱を開けてみるとこんな感じ。

はめる形のカバーに入れられて、しっかりと保護されています。

 

中身を取り出してみました。

本体と、アクションカメラ用のネジマウントが入っていますね。

 

Ulanzi スーパークランプの本体

こちらがポールなどに挟むこむためのクリップ。

ネジ式なので、しっかりと自分の力でホールドできるのが良いですね。

素材もアルミなので、かなり頑丈な感じがします。

 

こちらはカメラを取り付けるための雲台。

ネジの左右はボール状になっているので、360度好きな方向に動かすことが出来ます。

角度調整が容易にできる上、ネジもしっかりしているので安定感がありそうです。

 

GoProを取り付ける際に使う、ネジ穴が付いたマウント。

これだけ単品で販売していないので、なくさないように注意しないとですね。

 

雲台のネジ穴。

GoProを取り付ける場合は専用のマウントが必要。

Dji Pocketを取り付ける際には、直接ネジ穴に入れることが出来ます。

下から回して固定することも出来るので、カメラの向きを調整することも可能です。

 

Ulanzi スーパークランプにカメラを取り付けて固定してみた

バイクに取り付ける前に、デスクにクランプを取り付けてみました。

ネジを回して、クランプの幅を広げます。

 

クランプの先はハサミのように細長くなっていて、くぼみもあります。

デスクのような平らな形状にも取り付けられますし、ポール上の物にもくぼみにあてがって固定が可能。

6cmの幅であれば、幅広く取り付けができますね。

 

固定した後は、カメラを取り付ける部分を調整します。

ネジを回すと、グニャグニャと自由に動かすことが可能です。

 

こんな感じで、向きを上にしたり下にしたり。

また、左右にも動かすことも出来るので、本当に自由度は高めですね。

 

Dji Pocketを取り付けてみました。

Dji Pocketはネジ穴が下にあるので、そのまま使えるので便利ですね。

 

GoProはこんな感じ。

マウントを取り付けて、ネジで固定すればOK。

向きも自由に調節できるので、水平もしっかりと取ることが出来ますね。

 

Ulanzi スーパークランプ|バイクにGoProを手軽に取り付けてみる まとめ

Ulanzi スーパークランプ、とても便利で気に入って使っています。

価格も2,000円しないくらいなので、手軽に買えるのが良いですね。

質感も頑丈でしっかりとしているので、2,000円程度とは思えないくらいです。

 

バイクや自転車以外にも、定点で撮影をする際にはかなり使えると思います。

パーツもすべて一体型なので、持ち運びも楽でいいですね。

 

こういったマウントは他にも色んなものがあり、正直何度か失敗したことも、、、。

ただ、今回のアイテムはかなり当たりだったと思います。

使い買ってはかなり良いので、動画の素材を作る際に重宝しています。

バイクや自転車に乗って、アクションカメラを取り付けるのであれば、Ulanzi スーパークランプは本当におすすめです。

 

Ulanzi スーパークランプを楽天(送料無料・最安値)で見る

Ulanzi スーパークランプをAmazonで見る

 

関連記事



PR