Ginza Sony Park Tourに参加してみたお話




こんにちは、sho-designです。

 

先日、子供を連れて銀座に遊びに行ってきました。

6歳と2歳の子供を連れて行ける場所はなかなか限られてくるので、とりあえず数寄屋橋の方に行ってみることに。

普段聴いているTOKYOFMのサテライトスタジオがSony Parkにあるので、そのキャンピングカーをプラリと観に行ったついでに、Sony Parkの下も覗いてみると、、、

スタッフさんが「15時からPark Tourを開催します」との告知。

無料でSony Park内を案内してくれるということだったので、参加してみることにしました。

 

銀座 Sony Parkとは

以前ソニービルが建っていた跡地に作られた、地下に伸びる垂直立体型公園。

「銀座ソニーパーク」は、約707平米の三方開かれた地上部と、地下4層の「ローワーパーク Lower Park」で構成。

変わり続ける、体験、ブランディングと、複数のコンセプトを持った新しいテーマパーク的な施設。

2022年に新ソニービルが建設予定で、新しいビル(アッパーパーク Upper Park)が立った後も地下の公園は残していく予定のようです。

施設内には季節ごとのイベントだったり、テーマを持った飲食店やショップなどが入り、実験的な使い方もされていました。

あくまで「Park」という位置付けなので、誰でもいつでも使うことが出来る、公共施設のような使い方が出来るのはありがたいですよね。

しかも銀座の一等地という土地柄で。

数寄屋橋のこのエリアは、日本でベスト5に入り続けるほどの地価の高い場所のようです ^^;

Park Tourに関して

Park Tourとは、Ginza Sony Parkのスタッフによるガイドツアー。

Ginza Sony Parkの建築に関する知識、コンセプト、ソニービルの歴史やこれからの構想、Sony Park内の案内を実際に歩いて聞くことが出来ます。

集合場所:PARK B1 / 地下1階 インフォメーション

ツアー時間:約45分

参加可能人数:先着10名様

予約:無し

料金:無料

参加方法:開催時間までに地下1階インフォメーションに集合。

詳細はこちらのオフィシャルサイトからご覧ください。

 

実際にツアーに参加した様子をご紹介

14時45分にSony Parkに来ると、15時からツアーがスタートのこと。

カウンターの横に新型のAIBOがいるので、子供達はその子に興味津々。

スタッフさんが声で「おすわり」や「ハイタッチ」と指示すると、その通りに動いてくれるので面白いです。

予約とかではなく、普通にパーク内を歩いているので、気軽に触れ合うことが出来ますよ。

 

ツアーのスタートはまず座学から。

ソニーパークの成り立ちやコンセプト、これからの構想などをスタッフさん達が話してくれます。

今回、ツアーに参加したのは僕らを含めて7人ほどでした。

内、二人は途中で抜けていたので、そのへんも結構自由です。

 

座学の後は、まず外に出ます。

階段を登っていくと、銀座の空が広がって気持ちいい。

上の広場に出ると、ベンチの周りを囲むように、実際に買うことの出来る植物が並んでいます。

周囲には東急プラザや数寄屋橋の交差点が見渡せる場所。

 

これらの植物は実際に購入可能らしいです。

値段は要相談。

南国っぽい植物が並んでいますが、東京でもこうやって育てていけるんですね。

広場を下りると、TOKYOFMのサテライトスタジオとなっているトレーラーがあったり、季節ごとのコンセプトショップがあります。

 

地下に降りていくと、以前のソニービルの面影がところどころに残されていることにビックリ。

この青の亀甲型のタイルも、改装前に作られたものらしく、1966年当時のもの。

一度改装時に上から塗りつぶされたらしいのですが、ビルの解体時に当時のまま出てきたものを、現在また使っているそうです。

こういったストーリーは、ツアーに参加しなければ知ることも出来なかったので、とても興味深かったです!

 

そして地下の窓から覗ける、SONYのロゴネオン。

このネオンは以前のソニービルの上に掲げられていたもので、表示方法の厳しい企業ロゴを縦にする試みも、このソニービルの特徴らしいです。

全然目立たないところにひっそりとあるので、ぜひ探してみてください。

 

こちらはイベントスペース。

現在は東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ企画をしていて、スカパラが過去にアーティストとコラボした楽曲が全て聞くことが出来ます。

年代ごとに別れていて、「こんなアーティストともコラボしていたんだ」と思うような発見もありました。

 

スゴく面白かったのが、このエリア。

SONYのITアイテムである、グラスサウンドスピーカーLSPX-S2を円状に並べたスペース。

中心に座ると、スカパラの新曲が聴けるのですが、、、

なんと、1台につき1つの楽器が割り当てられているんです!

近くで耳をすませると、その楽器の音だけが聞こえてきて、中心に行くとオーケストラの集合音が聞こえるという仕組み。

これはめちゃめちゃ面白かったです!

 

ツアーには試食・試飲も含まれていて、かなりお得でした 笑

とらやさんではあんペーストを試食させてもらい、地下4回のクラフトビールのショップでは、実際にビールの試飲も。

このクラフトビールがめちゃくちゃ美味しくて、次回来た時はTO GO(お持ち帰り)で買って、パークの外で飲みたいなと思いました ^^

持ち帰り用のカップもおしゃれで、Sony Park用に特別に作られているそうです。

 

Sony Park Tourに参加した感想

ツアーの最後にはアンケートに答え、クラフトビールのショップで試飲をした後に現地解散でした。

ツアーのお土産に缶バッチももらい、無料とは思えないほどのおもてなし。

さすが世界のSONY!

 

ちょっとした社会科見学を受けられたよう感じで、とっても面白かったです ^^

帰りにとらやさんであんコッペを購入。

その場で食べる場合、温めてくれます。

このあんペーストがめちゃくちゃ美味しいので、お土産で瓶を買ってしまいました。

 

普通のあんことは違い、ペースト状になっているのが特徴。

パンだけではなく、ヨーグルトやグラノーラにも合うそうです。

 

最後はあんペーストの宣伝になってしまいましたが、Sony Parkのツアーはとってもオススメ。

子供連れでも楽しめたので、ぜひ数寄屋橋に訪れた際にどうぞ ^^

関連記事