ノルウェー発のブランド【UBER(ウーバー)】のダウンジャケットを買ってみた

UBEACR ウーバー ジャケット アイキャッチ




こんにちは、sho-designです。

 

楽天のポイントゲットの記事でも紹介しましたが、かなり久しぶりにアウターを新調しました!

6年ほど、Editionのグレーのダウンジャケットを愛用していたのですが、かなり生地がくたびれてきたということもあり、、、

百貨店をブラブラしている際に、一目惚れしてしまったアウターに手を出してしまいました ^^;

 

今回購入したのは、北欧はノルウェー発のアウターブランド【UBER(ウーバー)】のダウンジャケット。

ブランドとアイテムについて、書いていきたいと思います ^^

 

ノルウェー発のアウターブランド【UBER(ウーバー)】

UBER(ウーバー)はノルウェー発のアウターブランドです。

主にジャケット類のアイテムが多く、寒いノルウェーの冬を乗り切るための防寒機能を備え、さらにスタイリッシュなデザインを生み出しています。

インダストリアルデザイナーがデザインを手掛け、車や電化製品などからもインスピレーションを受けているとのこと。

アウトドアでも威力を発揮し、タウンユースでもキレイなスタイル。

「高度なテクノロジーを使用して、暖かく・軽く・シャープに見えるジャケットを作り出す」というコンセプトを持っているようです。

UBER ウーバー ジャケット15

UBR is born and developed in Norway and shaped by its ice cold winters and rainy summers.

In this environment a jacket is not just an accessory, it is a necessity. Our design philosophy is based on Scandinavian simplicity.

Through clean lines and new functional solutions we create a modern technical look that stays in fashion regardless of trends.

We work with industrial designers and are as much inspired by premium cars and innovative electronics as luxury goods.

UBR utilizes highly advanced technology to create jackets that make you stay warmer, travel lighter and look sharper.

Our aim is to create your favorite jacket.

引用:https://ubr.no

sho-design 石上
北欧に位置するノルウェー。

位置的には北海道よりもさらに北にあります。

冬の時期の気温は、最高平均でもマイナス3度くらい。

最低気温は-10度を超えることもあるようです。

そんな厳しい寒さに耐えうる機能を持った上で、さらにスタイリッシュな形のジャケットを作っているUBER。

着てみるのが、かなり楽しみです ^^

それと、全然関係ありませんが、ノルウェーのドメインって.noなんですね!

 

UBERの製品サイズ

UBERはヨーロッパのブランドのため、サイズ感が日本とはかなり違っていました。

オフィシャルサイトに、サイズの紹介がありましたので、こちらで紹介します。

UBER ウーバー ジャケット14

男性の場合のcm表記ですが、Sサイズで165〜175cm。

僕自身は170センチなのでSサイズを購入しましたが、それでジャストサイズでした。

Mサイズも試着してみたところ、ちょっとダボ付くような感じ。

厚手の服を中に来て、より防寒させるのには良いのですが、せっかくの細いラインが無くなってしまうようなイメージでした。

出来るだけジャストサイズに近づけて、合ったサイジングで着るのが良いかと思います。

 

日本別注モデル【Down Hooded Jacket 7044】

UBER ウーバー ジャケット1

今回購入したのは、日本別注モデルとなる【Down Hooded Jacket 7044】

僕は池袋のジャーナルスタンダードで取り扱っていたのを、偶然見つけました。

日本人の体型に合わせて作られているということで、シルエットも細いラインが出てキレイに見えます。

カジュアルにはもちろん、キレイ目やビジネスにも活用が出来そうなアイテム!

もちろん防寒性も抜群に優れているので、ウィンターシーズンの色んな場面で着られます。

【Down Hooded Jacket 7044】の特徴

日本人に合わせたシャープなフォルム

信念ともいえる主張の少ないワンポイントロゴのみというミニマルな見た目。

機能的な素材や、薄くて暖かなダウンを絶妙にブレンドしたミニマルの極致ともいえる冬アウター。

このスマートなのにしっかり暖かという見事な着心地が、世界中で愛される理由。

また、こちらは日本別注モデルとなっており、日本人にピッタリのサイズ感に。

カジュアルにはもちろん、キレイ目やアーバンスタイルにもマッチし、「見た目も機能性も欲しい」という欲張りな大人の方にオススメ。

防水と通気性を併せ持つ高機能ファブリック

表地は防水透湿性のある2層のレギュレーターラミネートシェル。

耐水圧20,000mm、透湿度20,000g/24hの100%防水透湿が保証されている膜をラミネート加工した特殊素材。

超撥水性に優れた生地は、急な雨でも問題なし。

また、落ちつきのある品のいいマッドな質感は、ナイロンと思えないほどの雰囲気を醸し出す。

伸縮性に富んだ快適な着心地

4WAYフルストレッチの、なめらかで柔らかい質感が特徴の生地。

驚くほど伸縮するので、スマートなフォルムから想像できない着心地の良さ。

高品質な850フィルパワーグースダウン

中綿には、高品質な850フィルパワーのグースダウンを使用。

フィルパワーとは羽毛のかさ高性を表す単位で、羽毛1オンス(28.4g)当たりの膨らみ度合いを立方インチ(2.54cm立方)で示す。

数値が大きいほど良質なダウンとされ、FP700以上は高品質ダウンと言われており、この密度の高いダウンだからそこ、薄くてもしっかりとした暖かさをキープ。

ダウンの入れ方にもUBRならではの特色が

表向きはスッキリした仕上げにしつつ、着用した際の肌側に、ふっくらと膨らみを持たせ保温性を上げる『WHITE HEAT』という独自のダウンシステムを開発。

その特殊なダウンのパッキング方法をすることにより、通常より保温性が増し、暖かい空気の膜に包まれた様な感覚で着用出来る。

2室に分かれるフロントのジップポケット

パッと見た目には上から下まで1本のZIPが繋がっている様なデザインだが、実は上下で2室に分かれている。

これにより上部には小物や携帯、下部はハンドウォームといった使い分けができる。

また、右上部のポケットからはイヤフォンコードが通せる穴を設け、コードフックも。

街着としての機能をしっかりと盛り込んでいる。

細部にまで妥協しないディティール

袖口や裾をシャーリング仕様にすることで、程よく身体にフィット。

冷気の侵入を防ぎ、保温性を高めてくれる。

また、右袖口、左肩の2ドットと左袖のUロゴには、ブラックリフレクタープリントを配置。

シックなデザインながらも夜間での視野性を高める。

4種類のカラー

  • ブラックストーム
  • ネイビー
  • ナイトオリーブ
  • コヨーテ

の4色展開。

引用:ロココ(楽天市場)

sho-design 石上
日本別注モデルではありながら、しっかりとノルウェー仕込みの機能も兼ね揃えたジャケットですね。

高品質なグースダウンを使用していて、『WHITE HEAT』という独自システムで作られている機能的な面も信頼感が持てます。

 

届いたダウンジャケットを見てみる

では、実際に届いたアイテムを見ていきたいと思います ^^

前回の記事でも紹介しましたが、今回は楽天のショップにて購入しました!

ちょっと面倒ではありますが、多少の手間をかけたことで、29%のポイントバックを受けることが出来ました ^^

楽天市場で【楽天ポイントを最大限に付与される買い方】を実践してみた

2018.12.18

 

UBER ウーバー ジャケット1

袋から取り出したばかりのダウンジャケット。

今回購入したのは、日本別注の短丈モデルだそうです。

色は着回しが効きそうなネイビーをチョイス。

ナイトオリーブ(カーキ)との2択で、めちゃめちゃ迷いました 笑

独自開発のダウンシステム【WHITE HEAT】

UBER ウーバー ジャケット2 UBER ウーバー ジャケット3

付属のタグにはWHITE HEATの文字が。

WHITE HEATとは、独自で開発したダウンシステムのことのようです。

表向きはスッキリした仕上げにしつつ、着用した際の肌側に、ふっくらと膨らみを持たせ保温性を上げる機能が。

 

UBER ウーバー ジャケット5

こちらも付属していたタグ。

ノルウェーの自然の風景が描かれていますが、、、めちゃくちゃ寒そうですね ^^;

【Down Hooded Jacket 7044】の価格

UBER ウーバー ジャケット4

値札もついていました 笑

通常価格だと、52,000円と+消費税。

楽天ポイントが約30%分は返ってくるものの、久々に高額なアウターを購入してしまいました ^^;

ポケットのジップは上下に2つ

UBER ウーバー ジャケット6

画像だと少しわかりにくいですが、ポケットは上下の2室に分かれています。

デザイン的には1直線の長いジップに見えますが、実は2つ。

下は手をつっこむのに丁度良い位置にあるポケット。

上のポケットには小物を入れられる上、イヤホンコードを通すための穴が空いています。

こういった、ちょっとした粋な機能が嬉しいですね ^^

フロントジップはダブル。そしてYKK

UBER ウーバー ジャケット7

ちょっと見えにくいですが、ジップはYKKのものが使われていました。

ダブルジップになっているので、少し下を上げて、スタイリッシュな着こなしもできますね。

プレミアムなグースダウン

UBER ウーバー ジャケット8

中綿には、高品質な850フィルパワーのグースダウンが使用されているとのこと。

薄くて軽いダウンジャケットですが、その暖かさはお墨付きです!

内側は、ユニクロのライトダウンジャケットのような質感

UBER ウーバー ジャケット9

ダウンジャケットの内側の生地は、ユニクロのダウンジャケットのようなテロテロっとした質感の生地。

触れているとほんわかと温かく、ふっくらしたダウンの触り心地を感じられます。

 

UBER ウーバー ジャケット10

ノルウェー・オスロと表示されていますね。

サイズ感も少し大きめで、僕はsmallサイズがジャストフィットでした。

ワンポイトとなるロゴ

UBER ウーバー ジャケット13

左の袖にはUBERのロゴマークが。

反射板にもなっていて、暗い夜道でも安全ですね。

 

UBER ウーバー ジャケット11

ダウンジャケットの後面です。

左肩の部分にもワンポイトの反射板が。

ノルウェーって車が右側通行なんですかね?

左側に付いているのは、そのためかなーと考えてしまいました 笑

 

実際にUBER(ウーバー)のダウンジャケットを着てみた

ちょっと画像が荒いのですが、実際に着てみた写真をアップします。

UBEACR ウーバー ジャケット14

前から見るとこんな感じです。

ダウンジャケットとは思えないほどの薄さですよね。

丈の長さもショートなので、少し足がシュッと見える効果が 笑

 

UBEACR ウーバー ジャケット15

横から見た図。

もこもこしていないので、スリムに着られるのが嬉しい ^^

ネイビーカラーだと、デニムとの色の相性も良くて合わせやすいですね。

UBER(ウーバー)のダウンジャケットの防寒性は?

実際に着てみた感じの温かさですが、、、

コレ一枚でかなり温かい!!

最低気温5度の寒い日に着てみましたが、上半身はかなりポカポカ。

中にはヒートテックとニットの2枚だけでしたが、それだけでも特に寒くはなかったです ^^

さすがノルウェーの冬を耐えうるだけのジャケットですね!

UBER(ウーバー)のダウンジャケットのデメリットは?

1点、デメリットとして感じた点があります。

それは、、、

袖部分にリブがあれば良かったな、というポイント

シャーリングの絞りがあって風は入らないのですが、手袋なしだと手がかなり寒いです 笑

袖丈もジャストサイズな作りのため、手を袖の中にしまうことは出来ません。

ポケットで温めるか、手袋着用は必須ですね。

ちなみにシャーリング【shirring】とは、布を細かく縫い縮めて装飾的なギャザーをつけることです。

 

【UBER(ウーバー)】のダウンジャケット まとめ

久々にアパレルでちょっと高めの買い物でした!

ただ、アウターは長く着ることが出来ますし、見た目と機能のバランスが重要なので、良い買い物が出来たと思います ^^

 

色々と迷っていましたが、スタイリッシュかつ、見た目もオシャレなアウターに出会えて大満足。

少なくとも、5シーズンくらいは大事に着たいと思います ^^

ストリート感もありますので、以前購入したOAKLEYのサングラス【Frogskins(フロッグスキン)】とも相性が良さそう。

OAKLEYのサングラス【Frogskins(フロッグスキン)】を買ってみた

2018.10.29

そのまま雪山で滑れそうなアイテム同士です!

 

この【UBER(ウーバー)】のダウンジャケットに合わせて、新しいデニムと靴も欲しくなる 笑

服やアクセサリーは、新しいものを手に入れるとワクワクしますね ^^

関連記事