GeChic(ゲシック) 13.3in/1306H・モバイルモニターのレビューと感想




こんにちは、sho-designです。

 

以前からずっと気になっていて、欲しいと思っていたものを購入してみました。

それが、MacBookProのサブモニターとして使える、モバイルモニターです。

 

MacBookProの13インチでも仕事は出来るのですが、

やはり画面の作業スペースはもう少し欲しいところ。

 

かといって、電源に接続するタイプの21インチのモニターはデカすぎるし、

Sidecar機能を使うためだけにiPadを買うのもコストが、、、。

 

そんな時、モバイルモニターの存在を知って、「コレだ!」と思いました。

 

 

モバイルモニターも色んな種類が販売されていて、スペックも値段もピンきり。

そんな中、今回僕がチョイスしたのは、

GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニター

です。

 

今回は、GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニターについて、記事を紹介します。

 

GeChic(ゲシック) 13.3in/1306H・モバイルモニターのレビューと感想

でははじめに、GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニターのスペックについて。

アイテムの説明をご紹介します。

 

GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニターについて

7mmの感触

バタバタしない。

On-Lap 1306Hは片手で握ることができる。

​スリムなボディを持ち、ノートパソコンと一緒にバッグに入れ、仕事の効率を倍にし、様々な挑戦ができる。

 

Macbook超拡張

仕事が乱れない。

デュアルモニターでウィンドウを配置し、切り替えを少なくし作業に専念出来る。

 

USB Type C

複雑さを無くして簡単に。

USB Type Cのケーブル一つだけで、AV及び電源の信号をより速く。

安定して転送することができます。

 

GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニターのスペック

  • ブランド:GeChic Corporation
  • 商品重量:671g
  • 梱包サイズ:32.3 x 21.3 x 1.5 cm
  • メーカー型番:GeChic 1306H
  • 商品の寸法:幅 × 高さ 21.3 x 1.5 cm
  • 画面サイズ:13.3 インチ
  • 解像度:1920X1080
  • ディスプレイ最大解像度:1920X1080
  • 電圧:5V
  • ワット数:8W
  • リチウム電池 電圧 5V

 

GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニターの価格

僕は楽天で購入しましたが、価格帯は

28,596円〜41,250円

ですね。(2020年5月30日調べ)

 

かなり幅がありますが、僕は28,596円で購入。

楽天SPUでポイント14倍+ハピタスで1%のポイントバックを得ました。

合計15%・4,290円の割引だったので、24,306円で買ったことになりますね。

楽天でGeChic・1306Hの価格をチェックする(送料無料)

 

 

個人的には楽天経済圏&ハピタスのコンボが、最も安く買えるのでオススメです。

 

GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニターを選んだ理由

色んな種類があるモバイルモニターから、僕がGeChic(ゲシック) 13.3インチ選んだ理由。

 

それは、、、

株式会社LIGの記事でレビューされていたから

です。

 

正直、モバイルモニターの存在を知ったのもこの記事から。

観た瞬間に、「買おう!」と思いました。

 

個人的には

  • USB-typeC1本で接続できる
  • PCから給電できて、モニター側に電源が不要
  • 重さが500gくらい

が理想でした。

 

実はGeChicの1306Hを買う前に、違うタイプのモバイルモニターを買いましたが、

USB-typeCで接続しても、画面が映らないという現象が。

 

不具合と思い新品と交換してもらったのですが、

代替品もやはり同じ具合で写りませんでした。

そしてそのまま返品でした。

 

GeChicの1306Hは、重さが671gあるものの、一発でモニターが反映。

少し重いのがネックですが、MacBook Proのサブモニターとして活躍してくれています。

 

GeChic(ゲシック) 13.3インチ・モバイルモニター 開封

では、届いたGeChicの1306Hを開封。

写真と一緒に紹介していきます。

 

こちらが外箱。

小さめのサイズで、本当にモニターが入っているのかなっていう感じです。

 

シールには型番やスペックの情報が。

英語・中国語・日本語・韓国語で説明が書かれていますね。

 

箱を開けてみたました。

シートに包まれて、モニターが入っています。

 

右側には、付属のケーブルが入った箱も。

 

AC電源とケーブルが3本。

 

ちなみに付属品は

  • カバースタンド
  • 5V/2A USBチャージャー
  • HDMI to microHDMIケーブル(1.2m)
  • USB-A to USB-Cケーブル(1.2m)
  • USB Type-Cケーブル(1.0m)
  • ユーザーマニュアル

ですね。

 

モニターを持ち上げると、その下にマニュアルが入っています。

が、マニュアルを見なくても、直感的に操作は出来ました。

 

GeChicの1306Hの本体

本体のモニターは、カバーに入れた状態ですね。

ビニールでキレイにラップされています。

 

ラップを剥がして、指紋が一切ついていない状態。

出来ることなら、このままのキレイさをずっと保っていて欲しい、、、。

 

後ろはマグネットになっていて、折りたたむことでスタンドになります。

 

思いっきり写り込んでますが、、、

ディスプレイ側を前にしました。

 

ベゼル(枠)幅が広いのは少し気になります

ベゼルレスでスタンドがあれば最高でしたね。

 

スタンドを立てるとこんな感じ。

 

垂直に近い角度で立てることも出来ますが、あまりに角度をつけると倒れます。

バランスはそこまで良くはないですね。

 

角度を上げて立ててみました。

 

コレくらいが限界ですね。

コレ以上立てると、かなり不安定で倒れる可能性が高いです。

 

45度くらいの角度。

これくらいが丁度いいですね。

 

サイドに設置されているボタン。

 

  • 電源
  • 設定
  • 決定ボタン
  • 上下キー(選択・音量)

それとイヤホンジャックですね。

 

反対側には、

  • HDMI
  • USB-C

のコネクタがあります。

 

MacBookPro13インチと繋げてみる

繋げ方はとっても簡単です。

USB-Cのケーブルを、Macとモニター同士でつなぐだけ。

 

こんな感じでケーブル一本で、即繋がります。

指した瞬間に、一瞬Macが暗くなりますが、すぐに反映されて写りました。

 

初期設定では左側にモニターが設定されています。

なので、Macから左側にマウスカーソルを移すと、そのまま画面を飛び出てカーソルが移動する感じ。

 

サブモニターの機能、はじめて使う人はかなり感動すると思いますよ。

 

解像度は1920×1080まで表示できます。

が、13インチでそのサイズはかなり文字が小さく感じますね。

 

MacBook Pro13インチのデフォルトである、

1440×900の方が、個人的には見やすいです。

 

設定ボタンを押すと、メニューが表示されます。

 

サイドのボタンで選択して、画面の明るさや彩度が調節可能です。

言語などもここで設定できますが、基本はデフォルトでOKだと思います。

 

モニターの設定は、Macの「設定」→「ディスプレイ」で出来ます。

解像度や、サブモニターの位置、ミラーリングなどもここで設定できます。

 

モニターの縦設置も可能

上部についている、両サイドのカバーはマグネット式になっています。

上にずらすことも出来ますし、取り外しも可能。

 

ここをずらしたり外したりすると、モニターをカバーから取り外せます。

 

こんな感じで、カバーとモニターを取り外せるんですね。

 

最初気づかずに、下の爪を外すように力づくで外してしまいました。

故障の原因になるので、くれぐれもご注意を。

 

こんな感じで、縦置き設定も出来ます。

 

モニターを縦に設置して、

Macの設定→ディスプレイで、サブモニターを90度表示。

 

プログラマーさんがコードをいじる時は、こっちの方が便利かもしれません。

あと、お医者さんのカルテも、最近は縦モニターで表示させるところが多いですよね。

 

GeChic(ゲシック) 13.3in/1306H・モバイルモニターのレビューと感想 まとめ

GeChic(ゲシック) 13.3in/1306H、実際に使ってみて、本当に便利です。

画面が2つに増えることで、ブログを書くのも、画像の編集も、かなりはかどります。

 

なぜ今まで、使ってこなかったんだろうという感じ。

もっと早く存在を知っていたかったですね。

 

また、電源を必要とせず、USB-Cのケーブル一本で完結できるのも嬉しいポイント。

余分なケーブルが1本増えるだけでもわずらわしいので、コンパクトに使えるのも良いですね。

 

かなり意識高い系になりそうですが、

カフェで画面を並べて作業をしたらインパクトありそうですね。

 

とにかく、モバイルモニターはオススメのガジェットです。

久々に買って良かったなーと強く思える一品でした。

 

作業効率化に、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事