【エアウィーヴ(airweave)・四季布団】を買ってみた

Airweave(エアウィーヴ)4




こんにちは、sho-designです。

 

寝る時の布団やマットレス、こだわっていますか?

僕自身、今まであまりこだわってこなかったのですが、、、

人生の三分の一は寝ている

という事実を再認識して、ちょっといい寝具を買おうかなと思い立ちました。

 

マットレスを色々と調べてみると、本当に色んな種類があるんですよね。

低反発・高反発・ウォーターベッド、などなど。

種類も値段もピンきりすぎて、正直かなり迷いました ^^;

 

そんな中、今回僕が選んだのは、TVのCMでもおなじみの「Airweave」。

今(2018年7月14日 現在)、元フィギュアスケート選手の浅田真央さんと、タレントの渡辺直美さんがイメージキャラクターになっていますね。

選んだ理由や使い心地をレビューしたいと思います ^^

 

今回、寝具を選ぶにあたって、条件としたこと

二人目の子供が産まれてから、今まで寝ていたベッドを妻と赤ちゃんに譲り、僕と長男は下にマットレスを敷いて寝ていました。

しかし、そのマットレスがかなりくたびれていた上に、長男が過去にオネショをしまくっていたんです、、、

 

何度も干しては使うを繰り返していましたが、寝心地ものっぺりしていましたし、衛生面でもやはり限界かなと ^^;

なので今回思い切って、下のマットレスを変えることにしたのです。

僕の考えた、買い換える寝具に求めた「4つの条件」

今回、買い換えるにあたって、マットレスに求めた4つの条件がこちら↓

  1. 柔らかすぎず、沈み込まない高反発タイプ
  2. 長男と一緒に寝るので、セミダブルサイズ
  3. 折りたたみが出来る、敷布団タイプ
  4. 価格は10万円以内

かなり前に、低反発タイプのマットレスが流行って購入したことがあるのですが、寝る時は確かに気持ち良かったんです。

ただ、起きた時に腰が痛くて辛かったので、硬めの高反発タイプの方をチョイスすることにしました。

 

そして長男と二人で並んで寝るので、少しでも余裕があるようにセミダブルサイズ

万年床は衛生上よくないので、ちゃんと折りたたんで収納が出来る敷布団タイプ。
または三つ折り可能なマットレス

 

そして人生の3分の1を預ける睡眠のため、マットレスでもちょっと高めのものを選ぼうと思いました。

多分、5年くらいは使うと考え、年間2万円のランニングコストで「10万円」。

 

以上、4つの条件を基に、敷布団探しをしました。

 

大谷翔平選手がイメージキャラクターの東京西川のAIR(エアー)や、モットンマットレスという、有名所のマットレスと迷いに迷いました。

しかし、色々と加味した結果、選んだのはAirweave(エアウィーヴ)の製品でした。

レビューや、実際にAirweaveのサイトでの説明を見て、Airweaveの製品にしようと揺れたのです。

 

Airweave(エアウィーヴ)を選んだ理由

なぜ僕がこのAirweaveを選んだのかと言うと、4つの条件に当てはまっていたほか、独自性の高いエアファイバー(airfiber)に惹かれたからです。

Airweaveの特徴であるエアファイバー(airfiber)

Airweave(エアウィーヴ)14

エアファイバー(airfiber)

他ブランドの商品は、ウレタンのような素材が多かったのですが、Airweaveはこのエアファイバー(airfiber)という不思議な繊維が中に詰められています。

実際に調べている時にこの素材を知って、、、

どんな感触か試してみたい!

と思いました 笑

実際、近くのショッピングモールにてAirweaveの実店舗があったため、試しにAirweave商品に寝転がってみたところ、、、

絶妙な硬さ!!!

その瞬間、「コレで行こう」と決めました ^^

 

そして購入したのは、「エアウィーヴ 四季布団」

Airweaveの中でも色んなアイテムがありまして、吟味した結果、購入しようと決めたのはAirweaveの四季布団というシリーズ。

この四季布団は4つの条件にほぼほぼピッタリだったんですね。

三つ折りできる敷布団タイプでありながら、高反発。

セミダブルサイズもあり、価格も10万円程度。

こんなピッタリなハマり方があるのかと思うくらい運命的でした 笑

「エアウィーヴ 四季布団」のスペック

Airweave(エアウィーヴ)13

エアウィーヴ 四季布団

スタンダードモデル。エアウィーヴの機能をすべて搭載した敷き布団です。

特殊な中わたをカバーに入れているから、ふっくら柔らかな寝心地です。

一年を通して快適にご使用いただけるよう、カバーはキルト地の冬面と、メッシュ地の夏面の両面仕様です。

「エアウィーヴ 四季布団」セミダブルサイズの寸法と特徴

Airweave(エアウィーヴ)17
Airweave(エアウィーヴ)16
Airweave(エアウィーヴ)15

セミダブルサイズ:幅 約120 × 長さ 約195 × 厚さ 約8cm

sho-design 石上
夏はメッシュ・冬はキルト地と、季節ごとに分けて使えます。

エアファイバーの厚さは3.5cmです。
(上位版の「和匠(わしょう)は5cm」)

 

「エアウィーヴ 四季布団」開封の儀

では、実際に届いた「エアウィーヴ 四季布団」を開封していきます!

Airweave(エアウィーヴ)1

届いた箱がこちらです。

写真ではちょっと伝わりにくいですが、引くぐらいデカイです 笑

成人男性が二人くらい並んで入れるかもしれないくらいのサイズ ^^;

多分、横幅にして1m30cmくらいはあったはず。

確かにセミダブルサイズの布団が入っているのですから、大きいのは仕方ないんでしょうが、それでもビックリしました 笑

 

Airweave(エアウィーヴ)2

箱の側面には保証書やリーフレットが入った封筒がくっつけられていますので、間違えて捨てないようにしましょう。

 

Airweave(エアウィーヴ)3

では、実際に開けてみます!

シンプルに、商品のみがたたまれて、箱の中に入っております。

 

Airweave(エアウィーヴ)4

箱から中身を取り出してみました。

よくこんな大きなものが入っていたなぁという感じです ^^;

保証書やリーフレット

Airweave(エアウィーヴ)9

先程、箱の横に付いていた封筒には、これらのリーフレットなどが入っておりました。

  • 取扱説明書
  • カタログ
  • 睡眠アプリの紹介チラシ
  • 工場出荷日が記載されたシール

ですね。

 

Airweave(エアウィーヴ)10

こちらが取扱説明書兼保証書です。

こういうのって、読まずにポイッと捨ててしまうパターンもありますので、しっかりと中身を確認しておくことが大事ですよね。

 

Airweave(エアウィーヴ)12

使用方法や、手入れの方法が記載されています。

エアファイバーは熱に弱いらしいので、アイロンや布団乾燥機はNGなようですね。

そのかわり、エアファイバー自体を丸洗い出来るようなので、ある程度汚れてきたらスッキリ洗い流したいですね。

 

Airweave(エアウィーヴ)11

裏面に、先程の工場出荷日のシールを貼り付けておきます。

これにて、保証が効くようになりますのでご安心を ^^

 

「エアウィーヴ 四季布団」を実際に試してみた

Airweave(エアウィーヴ)5

こちらの面が冬用のキルト地。

ふわふわしていて、気持ちよさそうです ^^

ただ、この日は完全に熱帯夜だったので、暑すぎて触るのも嫌でした 笑

 

Airweave(エアウィーヴ)6

こちら側は、夏場用のメッシュ地。

サラサラしていて、こちらも気持ちいいです。

夏場はこちらを使うと思いますが、直接触れて寝ると汚れそうなので、シーツは必須ですね。

エアファイバーはこんな感じ

Airweave(エアウィーヴ)7

サイドのファスナーを開けてみますと、エアファイバーはこんな風に入っています。

見た目は太めの春雨が固まったような感じですが、かなり硬めで弾力もあります。

 

Airweave(エアウィーヴ)8

近くで見ると、クネクネと繊維が織り成しているのがわかります。

ブランド名でもあるように、まさにエアウィーヴ(空気が織り成されている)ですね。

 

「エアウィーヴ 四季布団」の体験レビュー

ちょっと寝ているところは撮影できなかったのですが、ここからは実際に寝てみたレビューをさせて頂きます。

「エアウィーヴ 四季布団」が来たその日、早速前のマットレスと交換して、下に敷いて寝てみました。

寝てみた感触としては、やはりちょうど良い硬さ。

息子も横にいますが、二人並んでもちょっとした寝返りはうてるので、やはりセミダブルサイズで正解。

 

背中に意識を集中してみますと、エアファイバーの繊維を感じられます。

ごろりと寝返りをしてみますと、ウレタンなどのようにフラットではなく、繊維の一本一本の上に寝ている感じがよくわかりますね。

低反発素材のように沈み込まないので、しっかりと支えられているような感じもしました。

使い始めて1日目の朝

そして実際に寝てみた初日の朝、、、

起きたらなんか、腰がじんわりダルい!

せっかく良い寝具を買ったのに、コレはどうしたものか!?と思ってしまいました、、、

しかし、取扱説明書を見てみますと、「使い始めで馴染むまでは筋肉痛などになることもある」との記載が。

もうちょっと使い込んで、様子を見てみることにします。

使い始めて、1週間

1週間も使ってみると、エアファイバーがかなり馴染んできたように感じます!

初日にあった、変な筋肉痛と思われる腰の痛みもなく、寝ている間も途中で起きるようなこともありません。

正直言って、朝起きた時の身体の軽さを、以前よりも感じることが出来ます!

やはり取扱説明書にあったように、最初の使用から馴染むまでにちょっと時間がかかるようですね。

 

【エアウィーヴ(airweave)・四季布団】を買ってみた まとめ

しっかりとした寝具を購入するのは、初めての経験だった気がします。

人生の大きな時間を占める「睡眠」に対して、今回の買い物でいろいろと考えさせられました 笑

金額的には少し高めの買い物でしたが、それでも長い目で見ればかなりコスパも良いと思います。

新しく寝具を購入する方、エアウィーブはオススメです!