30代・40代の男性会社員が、痩せるために取り組むべきダイエット




こんにちは、sho-designです。

 

カッコいい50代を目指す30代・40代の男性。

このブログ記事を読んでいるのは会社員の方も多いハズ。

 

会社員の方は仕事が忙しく、なかなか自分の身体をケアするのは難しいですよね。

 

僕自身も会社員時代、あまりの忙しさにブクブクと太り続けていました。

身長170cmに対して、体重70kgで体脂肪23%と、かなり太っていたんですね。

 

今回、僕自身が「会社員時代に失敗したな」という事例も含め、

30代・40代の男性会社員が取り組むべきダイエット

を、お伝えしていきたいと思います。

 

この記事では、

  • 30代・40代の会社員が太ってしまう理由
  • 30代・40代の男性会社員が取り組むべきダイエット

を紹介していきます。

 

30代・40代の男性会社員が、痩せるために取り組むべきダイエット

まず最初に、なぜ30代・40代の会社員が太ってしまうのか?

その理由を挙げていきたいと思います。

 

30代・40代の会社員が太ってしまう理由

30代・40代の会社員が太ってしまう理由は、いたってシンプルです。

 

それは、

  • 食事のバランスが悪いことと、慢性的な運動不足
  • 仕事のストレス

これが太ってしまう原因のほとんどだと思います。

 

簡単に行ってしまうと、生活バランスが崩れてしまっているんですよね。

  • 食事の時間や量がバラバラ
  • ストレスによる暴飲暴食
  • 帰ってから、おつまみを食べながらの晩酌
  • 飲み会の参加から、シメのラーメン
  • 休日は運動をせず、ダラダラ過ごしてしまう
  • 平日も特には運動をしない
  • デスクワークの場合、さらに日常の活動も少ない

細かく分けると、こんなことが考えられます。

 

では、これらの原因を踏まえて、

30代・40代の会社員がどうやってダイエットに取り組むかを考えてみました。

 

30代・40代の会社員が、取り組むべき6つのダイエット

30代・40代の男性会社員が、取り組むべきダイエット方法としては、

  1. 食事は腹八分目を意識して、2〜3食取ること
  2. 間食は少量を意識して、1日1回〜2回を目安に
  3. 飲み会に参加しても、飲みすぎず、脂っぽいものは意識的に避ける
  4. シメのラーメン(炭水化物)は、絶対に我慢すること
  5. 移動中は、階段を使ったり、歩数を増やすこと
  6. 軽めの筋トレを習慣化する

この6つを意識してみて下さい。

 

ほんの少しの制限をつけるだけで、かなり健康的になり、余分な体脂肪と体重も減るはずです。

1つずつ、詳しく解説していきますね。

 

食事は腹八分目を意識して、2〜3食取ること

会社員に限らず、30代・40代になったら腹八分目を意識することがとっても大事。

20代よりも代謝は確実に落ちているので、満腹に食べてしまうとすぐに太るからです。

 

白米の量は以前よりも少し減らすようにして、たんぱく質を多く摂るようにしてみて下さい。

揚げ物を食べるなとは言いません。

しかし魚や野菜を、前より多めに意識して食べることをオススメします。

 

また、夕食を食べる時間ですが、

出来れば寝る2時間前までに食べるようにするのがベター。

 

お腹がいっぱいのまま寝てしまうと、血糖値が上がった状態で身体は栄養をより蓄えてしまいます。

結果として太りやすくなってしまうので、早めの夕飯を心がけましょう。

 

間食は少量を意識して、1日1回〜2回を目安に

特にデスクワークをしていると、間食しがちですよね。

僕自身もオフィスでPC作業をしていた時、机の引き出しにはいつもチョコレートが入っていました。

 

お菓子も絶対にダメとは言いません。

ただ、1箱・1袋を一気に食べることは止めて、ちょっとずつ食べるようにしましょう。

 

1日におやつタイムを決めて、その時間だけ食べるようにするのも効果的です。

ちょっとしたおやつを食べると、気持ちも落ち着きますよね。

バランスよく食べることが大事です。

 

ちなみにですが、健康的に間食をするのであれば「くるみ」がオススメ。

健康に必要な栄養がたっぷりと含まれていて、腹持ちも良いからです。

くるみに関しての記事もまとめてありますので、あわせてご覧下さい。

 

飲み会に参加しても、飲みすぎず、脂っぽいものは意識的に避ける

30代・40代の男性会社員なら、避けては通れない飲み会。

後輩や上司との付き合いや、同僚との親睦のために、飲む機会は多いですよね。

 

もちろん、飲み会に関しても、絶対に参加するなとは言いません。

 

ただ、飲み会で気をつけることは、

  • 飲みすぎないこと
  • 脂っこいものは、出来るだけ避けること

この2つです。

 

1回の飲み会で、

  • ドリンクは2杯まで
  • 枝豆やおしんこなど、カロリーが低いものをつまみにする
  • 脂っこいものは少量だけにする

を意識してみて下さい。

 

思考停止で、飲みまくり・食べまくりをしてしまうと、全部が身体の脂肪に変わります。

食事は楽しくしつつも、食べ物・飲み物の内容は、最低限考えていきましょう。

 

シメのラーメン(炭水化物)は、絶対に我慢すること

飲み会の後にありがちな、勢いで行くシメのラーメン。

これはかなり危険です。

 

  • 散々飲み食いした後の、糖質・脂質摂取
  • 食べた直後に寝る可能性が高い

太る原因となる、最悪の条件が2つ揃っていますね。

 

確かに、飲んだ後の濃い味がするラーメンはめちゃくちゃ美味しいです。

ただ、「本当にそれを食べて良いものか?」を少し立ち止まって考えてみて下さい。

 

食べ終わった後、多分残るものは「食べてしまった後悔」のはずです。

ラーメンを美味しく食べるのであれば、飲み会の後ではなく、罪悪感ないタイミングに食べましょう。

 

移動中は、階段を使ったり、歩数を増やすこと

ここからは運動にフォーカスです。

移動中にエレベーターやエスカレーター、バスやタクシーをすぐに使うのはNG。

 

この小さな運動量の積み重ねは、意外とバカにできません。

ちょっとした運動でも、積み上げていけばカロリー消費に役立ちます。

意識して歩いたり、階段を登ったりして、代謝を少しでも稼ぎましょう。

 

電車内でも座らずに経ってみたり、かばんを持つ際も、筋肉を使っていることを意識するのも大事。

運動をする時間を作れない場合、普段の行動を運動に変える意識を持ちましょう。

 

軽めの筋トレを習慣化する

会社員の場合、ジムに行ったりするのは時間的に厳しい人も多いはず。

しかし、ジムでがっつりトレーニングをしなくても、家での自重トレーニングで十分です。

 

  • 腕立て伏せ 10回 3セット
  • 腹筋 10回 3セット
  • スクワット 10回 3セット

たったこれだけの軽い筋トレでも十分です。

毎日15分くらいの時間を作って、習慣にしてみて下さい。

 

少ない運動量ですが、毎日続けると、これだけでもかなりの違いが出てくるはずです。

キツイと感じるレベルではなく、ちょっとした達成感を味わう程度で大丈夫です。

 

30代・40代の男性会社員が、痩せるために取り組むべきダイエット まとめ

この記事のポイントをまとめると、

  • 忙しい30代・40代の男性会社員が太る理由は、バランスの悪い食事と運動不足
  • 制限をかけすぎるのではなく、ちょっとした意識を持った食事をする
  • キツ過ぎない程度の、軽い筋トレ習慣をもつ

ということですね。

 

僕自身もこれらを意識した結果、実際に痩せた経験があります。

全部を厳しく制限しなくても、ちょっとした我慢をするだけで十分結果は出るんですね。

 

カッコいい50代を目指すのであれば、自分の身体を管理することは絶対に必要です。

 

欧米では、太った人は管理職につけないなんていうことも、よく言われていますよね。

確かに、自己管理が出来ない人が、仕事ができるとも思えません。

出来たとしても、どこかで責任感を強く感じられない部分があるように、僕は個人的に思えてしまいます。

 

30代・40代の男性会社員は、仕事もプライベートも忙しいですよね。

しかしそこを理由にして油断するのではなく、楽しみながら自己管理に励んで貰えればと思います。

関連記事