【iPhone 12 Pro パシフィックブルー】が到着 開封レビューと感想




こんにちは、sho-designです。

 

本日、2020年10月24日、発売日に

iPhone 12 Pro パシフィックブルー

が到着しました。

 

とりあえず急ぎで、開封レビューをしていきたいと思います。

 

【iPhone 12 Pro パシフィックブルー】が到着 開封レビューと感想

では、早速届いたiPhone 12 Pro パシフィックブルーを開封していきます。

 

Appleから届いたダンボールを開けてみると、こんな感じで梱包されていました。

 

未開封の状態のiPhone 12。

このシールを外した瞬間から、未開封ではなくなってしまいますね。

 

箱の表はこんな感じ。

今まで使ってきたiPhoneは全て白箱だったので、黒い箱はかなり自分の中では珍しいです。

レンズのフレアのようなデザインが、めちゃめちゃかっこいいですね。

 

箱を近くで見てみるとこんな感じです。

文字は一切なく、iPhoneのフォルムとイメージのみ。

 

箱の裏側です。

 

iPhone 12 Proの箱を開ける

いよいよ箱を開けてみました。

黒ではない、紺に近いような暗いブルーが渋いです。

そして、とうとうカメラが3つに!! 笑

 

広角・望遠・超広角の3つのレンズ。

超広角をやっと使えるので、今から何を撮るか楽しみです。

 

パシフィック・ブルーは、光の下限でよくわかりますね。

Appleのロゴも、青く輝いていて、本当にカッコいいです。

 

本体を取り出してみると、表にはカバーが貼ってあります。

 

充電ケーブルは、今回からUSB-Cにかわりました。

正直、ライトニングケーブルも、USBにしてほしいくらいですが ^^;

充電用のアダプタは、今回から一緒にされないようですね。

 

本体の表面のカバーは、粘着シートになっていました。

フィルムではなく、コレ自体がペタリとくっついています。

 

医療用にも使われているという、ステンレススチール。

確かに、重厚感があって、光にあたった時の煌めき具合が美しい。

 

アールもなめらかで、とてもキレイですね。

正直、このまま裸の姿で使い続けたい!

 

実際に手に持ってみると、やはりiPhone XSと比べてちょっと大きく感じますね。

重さも結構、ずっしりと感じられます。

 

【iPhone 12 Pro パシフィックブルー】が到着 開封レビューと感想 まとめ

こんな感じで、かなり駆け足ですが新しいiPhoneのレビューでした。

 

ここから、MagSafe充電器対応のケースを付けたり、フィルムを貼っていこうと思います。

それと、カメラの撮影作例もですね。

 

新しいiPhone、今から使ってみるのが本当に楽しみです。

関連記事