85,000円/月達成!【Google AdSense】で収益を出せたコツ

Google AdSense アイキャッチ




こんにちは、sho-designです。

 

ブログと同時に始めたGoogle AdSenseですが、スタートから3年目にして、一ヶ月の収益が50,000円をオーバーすることが出来ました。

2018年7月は最高収益となり、Google社からの広告収益は約86,000円でした。

 

よくブログの話をすると、

  • 「ブログって稼げるの?」
  • 「アフィリエイトって全然収益にならないでしょ」

というような声を聞きますが、実際に僕自身がどのようにして収益化してきたかを記事にしたいと思います。

 

そもそも「アフィリエイト」とは?

アフィリエイトというのは、成果報酬型の広告のことを言います。

宣伝をしたい企業など(広告主)が、アフィリエイトサービス会社(ASP)に依頼。

ASPに登録しているアフィリエイターが、自身の運営している媒体(ブログやメルマガ)で商品やサービスを紹介。

紹介した結果、バナーをクリックされたり、実際に申し込みがあった際、アフィリエイターには成果報酬として収益が支払われるという仕組みです。

成果報酬型広告

企業のサービスや商品を紹介して、実際に申し込みや販売があった際に報酬が受け取れるタイプの広告です。

楽天アフィリエイトや、アマゾンアソシエイトプログラムなどが、これにあたります。

単価は1%〜数10%といったマージン形式や、一件○○円といった定額報酬のものがあります。

クリックされてから、もう1アクションあるので、成果報酬は比較的高めに設定されています。

クリック報酬(課金)型広告

表示されたバナーを、ユーザーがクリックするだけで報酬が入るタイプの広告です。

クリックされるだけなので、成果報酬型に比べて報酬を受け取れる確立は高め。

ただ、報酬額はクリック単価が1円〜数十円(稀に100円単位も)と、成果報酬型に比べて安く設定されています。

 

Google AdSenseとはどんなアフィリエイト?

Google AdSenseは、サイトにバナーを貼り付けて、クリックされれば収益が発生するというシンプルなもの。

アドセンス バナースペース2

アイキャッチの下やサイドバー

アドセンス バナースペース1

見出しの上などにバナースペースが

一度設定すれば、特に修正やメンテナンスをすることもありません。

なので、初心者にはこのGoogle AdSenseが、一番導入しやすいアフィリエイトサービスだと思います。

Google AdSenseを始めるために必要なもの

Google AdSenseを始めるために必要なものは、以下の2点です。

  • 独自ドメインのサイトやブログ(無料サービスのものは、掲載NGな場合が多いです)
  • 銀行口座

Google AdSenseを始めるためには、自分自身でサーバーとドメインを用意して、そこにサイトやブログを用意するだけでOK。

あとはGoogle AdSenseにアカウントを作って、報酬を受け取るための口座を設定するだけです。

sho-design 石上
厳密にはもっと細かい作業がありますが、大まかにはこんな感じの流れです ^^;

 

sho-designにおける、Google AdSense収益の推移

では、実際にsho-designの3年間の収益をご紹介します。

3年間の総収益は、およそ600,000円ほど。

以下のグラフが、収益の振込額の推移です。

 AdSense収益グラフ

3年間でGoogleから支払われた収益のグラフ

現在、sho-designでは、主に2つのブログを運営しています。

グラフの収益はその2つのブログから発生したものですが、PVは2つ併せて200,000PV/月くらいです。

最初はほぼゼロに近い状態でしたが、2017年の始めくらいから、大体20,000円前後をウロウロしている状態が1年以上。

そして2018年5月から、一気に収益が上昇しました。

これは広告の配置場所を新たに増やしたことが要因となっています。

そのおかげで2018年7月は過去最高益となり、Googleからの支払額は約86,000円でした。

2018年8月も80,000円前後のところで着地する見込みとなっています。

sho-design 石上
今でこそ、月間である程度の収益がありますが、スタート時は1日10円課金されていればラッキーという日がほとんどでした 苦笑

 

Google AdSenseで収益を上げる3つのコツ

3年間で僕自身が実際にやってきた、Google AdSenseで収益を上げる3つのコツをご紹介します。

主にWordPressでの設定がメインですので、ご了承下さい ^^;

1.定番の位置に大きめのバナーを貼り付ける

Google AdSenseにおける、定番の広告表示位置は3つです。

  1. 記事上(見られる確立が最も高い)
  2. 記事下(クリックされる確立が最も高い)
  3. サイドバー(目立つ広告を掲載できる)

この3つはド定番といえるほどのポジションなので、必ず広告を掲載させます。

WordPressのテーマにより設定が変わるかと思いますが、PCとモバイルで表示させるバナーのサイズも変更するように設定して下さい。

記事上と記事下は、PCの場合はレスポンシブ、モバイルは300*250

サイドバーは、PCの場合は300*600(スカイスクレイパー)、モバイルはレスポンシブ

という設定がおすすめです。

 

2.見出し上にレスポンシブ広告を貼り付ける

各見出しの上に広告を表示させるのも効果的です。

設定の方法としては、WordPressのテーマ内のfunction.phpにプログラムを挿入するか、プラグインを使う方法があります。

この方法を効果的にするためには、記事の文字数を増やし、文章の階層構造をしっかり作り込む必要があります。

見出し2・3の上に上手く散りばめられるように設定して下さい。

sho-designの場合、この位置に広告を貼り付けたことで、一気に収益が上がりました。

 

3.とにかくPVを増やす

Google AdSenseで収益を上げるためには、何はなくともPV(ページビュー)が必要不可欠です。

おおよその月間PVと収益の目安ですが、

  • 10,000PV → 3,000円
  • 100,000PV → 30,000円
  • 1,000,000PV → 300,000円

と言われています。

PVを上げるためには、

  • お悩み解決系の記事を書く
  • トレンドネタを書く
  • 自分自身が有名になる

というのが大事ですが、コツコツと人の役に立つ記事を書き溜めていくことが、一番の近道だと思います。

ぜひ、まずは10,000PV/月を目指して頑張って下さい!

 

【Google AdSense】で収益を出せたコツ まとめ

アドセンスはオマケ的な収益と考えつつも、やはりサイトやブログを運営しているだけで報酬がもらえるのは嬉しいですよね。

スタート時は絶望的に収益が上がりませんが、続けていれば、時間と共に必ず育っていきます。

あまりやり過ぎると自身のサイトのブランドが霞んでしまいますが、自然な形で表示させる分には、ユーザーにとっても不快感は与えないと思います。

ECサイトを運営している方にとってはアドセンスはあまりオススメしませんが、コーポレートサイトや趣味のブログなどを運営している方はぜひ導入してみて下さい。