GAS(ガス)のジョグジーンズ・RAMONを買ってみた レビューと感想




こんにちは、sho-designです。

 

もうかれこれ10年近くになるのですが、イタリアのブランドである「GAS」のデニムを愛用しています。

 

以前は有楽町の阪急メンズ東京に店舗が入っていたのですが、、、

いつの間にか閉店していて悲しい限りです。

 

ファッション雑誌の「SAFARI」でその存在を知ったのですが、店舗でスキニーデニムを履いて感動。

細身ながらストレッチが効いていて、履き心地が抜群だったんですね。

 

それ以来どっぷりとGASのデニムにハマりまして、多分これまでに15本くらいは履き続けてきたはず。

 

そんな中、今回初めてGASの「RAMON」というジョグジーンズを買ってみました。

また新たな履き心地を体感したので、ブログでレビューしていきたいと思います。

GASのデニムをAmazonで見る

GASのデニムを楽天で見る

 

GASのジョグジーンズ・RAMONを買ってみた レビューと感想

では、まずは僕のお気に入りブランドである、GASについてご紹介します。

 

GASとはどんなブランド?

ガス(GAS)はイタリアのジーンズブランド。

クラウディオ・グロットが1984年にブランドをスタート。

 

当時音楽関係のプロモーターをしていたクラウディオ・グロット。

独自のファッションを伝えたいという思いで、母親の経営していたショップを引き継ぎジーンズの販売を始める

 

1970年代初期にオリジナルのウェアの製作をスタートし、1984年にGASブランドが誕生。

 

GASのロゴであるダブルレインボー

大西洋とインド洋が交わる南アフリカのケープタウンで、嵐のあとに太陽が昇るときに掛かる、2つの虹を表現。

このロゴは、協調性、積極性、活力といったGASならではの価値観を反映。

海外展開も積極的に行っており、全世界で直営店110店を含む2200の売り場で展開している。

特にヨーロッパとアジアへの進出が多い。

参考引用:fashion-press

 

ジョグジーンズとは?

今回購入したのは、ジョグジーンズというカテゴリー。

 

ジョグジーンズはデニムで有名なDIESELが最初に発表した、革命的な名作ウェア。

デニムの格好良さと、ジャージの柔らかなはき心地を両立したパンツです。

 

簡単に言うならば、見た目がデニムだけど、履いたらジャージやスエットといった感じですね。

見た目が良くて履きやすい、良いとこどりのアイテムです。

ディーゼルのジョグジーンズの価格をチェックする

 

GASのジョグジーンズ・RAMON レビュー

では、実際のアイテムをご紹介していきます。

 

今回、実はメルカリで中古のアイテムを購入しました。

定価だと20,000円以上するのですが、かなり良い状態で2,000円!

というか、ほぼ新品に近い状態。

 

中古が苦手な人にはオススメできませんが、活用するとお得になることもたくさんありますよね。

 

こちらが今回購入した、GASのRAMON。

パッと見、普通にデニムパンツですよね。

 

ももの部分にヒゲがないものの、ヒザから上の色落ち具合がリアル。

長年履き込んだような質感が出ています。

 

サイズ調節の紐

大きな違いは、ボタンが無く紐でサイズを調節できるということですね。

この部分だけ見ると、普通にスエットみたいな感じです。

 

後ろ側のロゴとタグ

後ろ側のポケットには、しっかりとGASのロゴ。

 

ベルト部分にタグはなく、小さめの革タグが付いています。

 

ポケットをめくると、色落ちしていない生デニムの色が見えます。

この辺も加工でアレンジしていると思うので、手が込んでいますよね。

 

前ポケットのダブルレインボー

コインポケットの部分に、ロゴのダブルレインボー。

ディーゼルもそうですが、この部分にアクセントで装飾があるとカッコいいですよね。

 

上部分のボタンはありませんが、股にはジップフライが。

完全に男性が用を足すための、ワンポイントデザインですね

ジッパーはYKK製です。

 

裏地は柔らかい素材の生地

外側はデニムですが、内側を見てみるとまさにスエット。

デニムのような硬さはなく、ふわっと柔らかい触り心地です。

 

僕は身長170cm・体重63kgですが、サイズはいつも29インチでジャスト。

青いタグは、Made in EUと書かれていて、ヨーロッパ製であることを示しています。

 

GASのRAMONを履いてみた

ほとんど構図は一緒ですが、実際にGASのRAMONを履いてみました。

 

こうやって写真で見てみると、普通のテーパードデニムと何ら変わらない雰囲気ですよね。

まさかジャージ素材のような、柔らかいパンツを履いているとは思われないはず。

 

履いてみた感想ですが、ストレッチも効いていますし、軽くて柔らかくて気持ちいい。

普通にこのままジムで筋トレできそうな勢いです。

 

シルエットも細身で、足が長く見える効果もありますね。

この日は足元はスリッポンで合わせましたが、スニーカーやブーツでもいけそうです。

 

GASのジョグジーンズ・RAMONを買ってみた レビューと感想 まとめ

このジョグジーンズが出始めた頃、「柔らかいデニムなんて邪道だ」と実は思っていました。

しかし、実際にはいてみると、その気持ちよさにハマりますね。

厚手のデニムは夏には履きたくないですが、この素材なら我慢できそうです。

 

ジョグジーンズを履いたことがない人には、本当におすすめできる一品です。

そしてGASというブランドから出ているデニムも、シルエットや履き心地がとても良いのでオススメ。

 

GASのアイテムに興味がありましたら、ぜひお試し下さい。

GASのデニムをAmazonで見る

GASのデニムを楽天で見る

 

関連記事