フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法




こんにちは、sho-designです。

 

僕自身、フリーランスになってから3年が経ちました。

個人事業主になってから、一番大変に感じた作業は、、、

見積書・納品書・請求書の作成です。

 

会社にいた頃は、これらは経理担当の方が全部やってくれていました。

が、フリーランスになると、書類作成も自分でやらないといけないんですね。

 

僕自身感じたのが、

  • フォーマットを作るのが面倒
  • デザインを考えるのも面倒
  • 計算や入力が手間
  • 管理が大変
  • 書類の作成から発送が面倒

といったことで、細かい作業は本当に大変で面倒です。

 

そこで、僕自身が実際にやって良かった、

フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法

を紹介します。

 

フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法

フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法ですが、

結論から言いますと、、、

請求書作成ソフト・Misocaの初年度無償キャンペーンを活用する

ということです。

 

請求書作成ソフト・Misocaの初年度無償キャンペーン活用方法の前に、

まず、そもそもMisocaがどんなサービスかを紹介します。

 

見積書・納品書・請求書作成ソフトのMisocaとは、どんなサービス

見積書・納品書・請求書作成ソフトのMisoca【無料登録】

 

見積書・納品書・請求書作成ソフトのMisocaは、会計ソフトで有名な「弥生株式会社」が提供するサービス。

  • 請求業務をとことん効率化
  • たよれる安心サポート
  • 自宅から請求業務が完結

が特徴で、フリーランスや法人で見積書・納品書・請求書を作成するサポートをしてくれます。

 

見積書・納品書・請求書作成ソフトのMisocaの特徴

流れに沿って入力するだけで、請求書をすばやく作成

設定されている入力項目に沿って入力するだけで請求書がすぐに作成。

消費税(内税・外税)・源泉税など、請求書作成に必要な税計算もあらかじめ設定されています。

計算ミスを軽減しながら、スピーディに作業がはかどります。

見積書・納品書・請求書を効率化して、本業に集中

見積書から納品書・請求書への変換や、請求書から領収書・検収書の作成も簡単。

転記ミスや記載漏れの心配もなくなります。

PCブラウザ・スマホ・タブレットでも使えて、場所や時間を選ばずに請求業務が完了できます。

郵送やメール送付はワンクリックで自動化

メール送付・PDF発行・リンク共有・郵送もワンクリックで完了。

請求書自動作成や自動メール送信、確定申告ソフトへの仕訳の自動送信なども効率化。

経理業務の手間を、大幅に削ってくれます。

確定申告ソフト連携も可能

弥生の会計ソフトをはじめ、freeeやMFクラウド会計・確定申告への仕訳連携も可能。

売上や入金の記入漏れのミスも軽減します。

 

見積書・納品書・請求書作成ソフト Misocaの料金

見積書・納品書・請求書作成ソフト・Misocaの料金プランは、3種類あります。

  • 無料プラン
  • プラン15
  • プラン100

の3つです。

それぞれのプランの料金と特徴は以下のとおりです。

無料プラン

通常価格:無料

  • 月間請求書作成:5通まで
    ※6通以上の請求書の作成は不可
  • 見積書作成:無制限
  • 納品書作成:無制限
  • 取引先登録:無制限
  • 利用者:1名のみ

プラン15

通常価格:8,000円/年
(初年度無料)

  • 月間請求書作成:15通まで
  • 見積書作成:無制限
  • 納品書作成:無制限
  • 取引先登録:無制限
  • 利用者:2名まで

プラン100

通常価格:30,000円/年
(初年度無料)

  • 月間請求書作成:100通まで
  • 見積書作成:無制限
  • 納品書作成:無制限
  • 取引先登録:無制限
  • 利用者:5名まで

 

Misocaのプラン15を、初年度無料で試してみる

ここからが本題です。

 

フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法は、

請求書作成ソフト・Misocaの初年度無償キャンペーンを活用する

と伝えました。

 

その結論としては、、、

  • 見積書・納品書・請求書作成ソフト・Misocaのプラン15に契約
  • 次年度の有償契約を継続停止するを設定
  • 月5通以内の請求書作成なら、無料のままで使い続ける

という流れで、Misocaを活用し続けるという方法です。

もし6通以上の請求書を作成して、Misocaが使いやすいと思ったら、そのまま有料で使い続けてもOKです。

 

なぜプラン15なのかと、有償契約を継続停止する方法を紹介します。

 

Misocaのプラン15に契約する理由

プラン100ではなく、プラン15に契約する理由は2つ。

  • 駆け出しのフリーランスや個人事業主なら、15通で十分足りる
  • 万が一有償契約の停止をし忘れた場合のリスク回避

です。

 

プラン100の方が、請求書の作成可能枚数が多くてお得ですが、

月間でそんなに請求書を作るフリーランス・個人事業主は少ないと思います。

なので、15通分もあれば十分だろうという、僕の判断です。

もし15通以上作成するのであれば、プラン100でも良いと思います。

 

ただ、プラン100は年間の費用が30,000円なので、万が一契約を継続した場合の出費が大きいです。

そのうっかりしたサブスクリプション費用の発生リスクも回避するために、プラン15の方が良いという結論ですね。

 

Misocaの有償契約を継続停止する方法

Misocaの有償契約を継続停止する方法を、画像で紹介します。

最初に継続停止をしておいて、取り消し期限までに継続するか判断すれば良いかと思います。

 

サブスクリプションは、うっかり継続して費用がかかってしまうパターンが多いです。

なので、先に契約継続を切っておいたほうが、無駄な費用をかけないリスク回避となります。

 

Misocaのトップページ上のメニューから、

設定 → アカウント情報

を選択してクリックします。

 

こちらのページに飛んだら、右側のメニュー群にある、

ご契約内容の確認・変更

をクリックして先に進みます。

 

左側に表示される、

ご契約内容の確認はこちら

のボタンをクリック。

別ページに飛んでいきます。

 

契約しているサービスの一覧が表示されるので、Misocaのゾーンをクリック。

 

次のページに飛ぶと、赤いボタンで「有償契約を継続停止する」とあるので、これをクリック。

あとは、解約内容の確認をして、実際に継続停止のボタンを押せばOKです。

 

フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法 まとめ

フリーランス・個人事業主が、無料で見積・請求・領収書を作成する方法は、

  • 見積書・納品書・請求書作成ソフト・Misocaを活用
  • プラン15で契約し、初年度無料のキャンペーンを活用
  • 契約後すぐ、有償契約の継続停止を設定

ということですね。

 

最初から無料プランでも良いのではと思う人もいるかと思います。

が、1年は無料で使えるので、どうせなら使ってしまおうという、ずる賢い考えです 笑

 

5通以内で使い続けてもいいですし、6通以上の請求書を作成する機会があれば、、、

年間で使い続けるより安上がりですよね。

 

ぜひこの方法を使って、フリーランスや個人事業主の方は、

無料で見積書・納品書・請求書の作成を試してみて下さい。

 

見積書・納品書・請求書作成ソフトのMisoca【無料登録】

 

関連記事