Mac用 Magic Keyboard(テンキー)スペースグレイ|レビューと感想




こんにちは、sho-designです。

 

MacBook Proをクラムシェルで使うようになったので、キーボードを購入することに。

サードパーティ製も考えたのですが、やはり純正が欲しいなということで、、、

Mac用 Magic Keyboard(テンキー)スペースグレイ

を購入しました。

 

経理入力をするために、あえてのテンキー付きタイプをチョイス。

Mac用 Magic Keyboard(テンキー)スペースグレイのレビューと感想を伝えていきたいと思います。

 

Mac用 Magic Keyboard(テンキー)スペースグレイ|レビューと感想

Apple Magic Keyboard 概要

テンキーが付いたMagic Keyboardはより広いレイアウト。

書類をすばやくスクロールできるようにする操作キーや、ゲームに適したフルサイズの矢印キーもついています。

それぞれのキーの下にあるシザー構造は、キーの安定性を向上。

そのうえキーの運びを最適化し、低いフォルムを採用したので、快適で正確なタイピングが可能。

テンキーはスプレッドシートや財務アプリケーションを使う時に便利な存在。

充電式の内蔵バッテリーは、一回の充電でキーボードを約1か月以上駆動させることができます。

 

Apple Magic Keyboard 同梱物

  • Magic Keyboard(テンキー付き)
  • Lightning – USBケーブル

 

Apple Magic Keyboard スペック・仕様

サイズと重量

  • 高さ:0.41〜1.09 cm
  • 幅:41.87 cm
  • 奥行き:11.49 cm
  • 重量:0.39 kg

接続と拡張性

  • Bluetooth
  • Lightningポート
  • ワイヤレス

 

Apple Magic Keyboard システム

  • macOS 10.12.4以降を搭載したBluetooth対応Macコンピュータ
  • iOS 10.3以降を搭載したiOSデバイス

 

Apple Magic Keyboardの価格と、お得に買う方法

Apple Magic Keyboardの価格は、

シルバー、スペースグレイ共に15,800円(税込)

 

ちょっとお高いApple Magic Keyboardですが、

じつは少しお得に買う方法があります。

それは、楽天リーベイツを活用すること。

 

楽天リーベイツとは?

楽天リーベイツはポイントサイト。

そこを経由して購入することで、楽天スーパーポイントが購入価格によりバックされる仕組みです。

 

楽天リーベイツからのApple製品購入は、1%のポイントバックが入ります。

今回購入したApple Magic Keyboardの場合、15,800円の1%で158円入る計算ですね。

 

Apple Magic Keyboardだけだと少額ですが、Macなんかは30万円近くしますよね。

その場合、3,000円ものポイントバックが見込めるので、高い買い物ほど、使わないのは絶対に損。

 

また、楽天リーベイツではセール時に1%→5%くらいまでポイント率が上がることも。

タイミングを見計らってAppleで購入すると、かなりお買い得になることもあります。

楽天リーベイツでAppleを確認する

 

Mac用 Magic Keyboard(テンキー)スペースグレイ 開封

では、実際に届いたApple Magic Keyboardを開封していきます。

 

こちらがApple Magic Keyboardの外箱。

Appleの箱だけあり、ムダは一切なし。

アイテムの写真とタイトルだけの、極めてシンプルなデザインですね。

 

裏側も必要最低限の情報だけで、シンプル極まりないデザインです。

 

箱はスライドして引き出すタイプ。

内側の箱を引っ張り出してみると、テンキーが早速見えました。

この瞬間がたまらなくドキドキしますね 笑

 

キーボードを取り出してみると、内箱の下にはライトニングケーブルが。

ケーブルのみで、充電用のACアダプターは付属していませんのでご注意を。

 

Apple Magic Keyboardの本体

こちらがApple Magic Keyboardの本体。

スペースグレイが渋くて、厚みもかなりスリム。

 

左側の文字列はMacと全く同じで、MacBookそのままと言った感じです。

 

右側は十字キー・テンキー・スクロールキー・ファンクションキーなどが並んでいます。

キレイに整理されているので、見た目もかなりスッキリですね。

 

テンキーは経理の時に欠かせない存在なので、普段はあまり使いませんが、あると何かと重宝します。

 

上部側面の右側には、電源スイッチがあります。

かなり小さいので、爪で引っ掛けないとオンオフが出来ない感じですね。

 

中央部分にはライトニングケーブルのポートがあり、そこから充電ができるようになっています。

 

Apple Magic Keyboardを使ってみた感想

こんな感じで、デスクにApple Magic Keyboardを置いて使っています。

クラムシェルモードなので、本体はMacBook Proを横においている仕組みです。

関連記事
FLEXISPOT・電動式スタンディング昇降デスク|レビューと感想

 

使ってみた感想としては、

  • 見た目がオシャレで、空間を飾れる
  • Bluetoothでつながり、電池持ちが良いのでストレスが無い

といったメリットを感じています。

 

反対にデメリットとしては、

  • 薄いので、手首のポジションが少し疲れる
  • 押し込みが浅く、打感が弱い感じがする

といった部分ですね。

 

やはりApple製品だけあり、見た目の雰囲気はピカイチにカッコいいです。

デスクに置くだけで存在感はすごいですね。

 

ワイヤレスで繋がっているので、クラムシェルにしてもそのまますぐに使えるのがラク。

 

ただ、あまりに薄いので、手首のポジションが下がり、ちょっと疲れます。

打感も以前のMacBook Proのようなバタフライ構造なので、カチカチっとした硬い感じですね。

対応としては、リストレスをと別で買って、手首をいたわりながらタイピングをしています。

関連記事
【Elzo・リストレスト】ブロガー必須のアイテムのレビューと感想

 

Mac用 Magic Keyboard(テンキー)スペースグレイ|レビューと感想 まとめ

Apple製品は、買うだけでワクワクしますね 笑

全てがパーフェクトに使いやすいというわけではありませんでしたが、Magic Keyboardもテンションが上りました。

 

合わせてMagicTrackpadも購入したので、その記事も併せて紹介したいと思います。

関連記事
Apple Magic Trackpad 2 スペースグレイ Macで使ったレビューと感想

 

クラムシェルモードでの作業は憧れだったので、実現して嬉しいですね。

そして実際に作業効率も上がったので、良い自己投資だと思います。

 

これからもMagic Keyboardを相棒に、ブログ記事を量産していきますね。

関連記事