iPhone12用の充電器【MagSafe充電器】を買ってみた 開封とレビュー




こんにちは、sho-designです。

 

いよいよ来週、2020年10月23日にiPhone12が発売されます。

それに先駆けて同時に発表された、iPhone12用の充電器、

MagSafe充電器も併せて買ってみました。

 

もちろんiPhone12はまだ届いていないのですが、、、

とりあえずMagSafe充電器を開封して、iPhoneXSで試してみたのでレビューしていきます。

 

ちなみにですが、MagSafe対応iPhone 12 & Proクリアケースも同時購入。

その様子はこちらの記事をご覧ください。

 

iPhone12用の充電器・MagSafe充電器を買ってみた 開封とレビュー

まず、MagSafe充電器について、紹介していきましょう。

 

MagSafe充電器

MagSafe充電器なら、ワイヤレス充電がさらに簡単。

iPhone 12やiPhone 12 Proの完璧な位置に磁力でピタッとつくので、最大15Wのワイヤレス充電がよりすばやく完了します。

このMagSafe充電器はQi充電との互換性を維持しています。

iPhone 8以降およびAirPodsのワイヤレス充電ケース付きモデルをお使いの場合は、Qi規格の充電器を使う時のようにこの充電器を使ってワイヤレスで充電できます。

磁力で正確な位置に装着できるのは、iPhone 12モデルとiPhone 12 Proモデルのみです。

20W USB-C電源アダプタは別売りです。

引用:Apple MagSafe充電器

 

iPhone 12から、背面にマグネットが埋め込まれていて、磁石がくっつくようになっています。

このMagSafe充電器は、そのマグネットに吸着して、iPhoneを充電できるというガジェット。

 

iPhone 8以降や、AirPodsのワイヤレス充電ケースを持っていれば、

マグネットにはくっつかないものの、充電することは可能です。

 

MagSafe充電器の互換性(充電できるApple製品)

iPhoneのモデル

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus

AirPodsのモデル

  • AirPods Pro
  • AirPods with Wireless Charging Case(第2世代)
  • Wireless Charging Case for AirPods

 

MagSafe充電器の価格と、安く買う方法

MagSafe充電器の価格は、4,500円(税別)です。

正直、充電器としてはかなり良いお値段。

 

ただ、このMagSafe充電器をお得に買う方法があります。

それは、楽天リーベイツを活用すること。

 

楽天リーベイツとは?

楽天リーベイツはポイントサイト。

そこを経由して購入することで、楽天スーパーポイントが購入価格によりバックされる仕組みです。

 

楽天リーベイツからのApple製品購入は、1%のポイントバックが入ります。

今回購入したMagSafe充電器の場合、4,500円の1%で45円入る計算ですね。

 

MagSafe充電器だけだと少額ですが、MacBook Proなんかは20万円くらいしますよね。

その場合、2,000円ものポイントバックが見込めるので、使わないのは絶対に損です。

 

また、楽天リーベイツではセール時に1%→5%くらいまでポイント率が上がることも。

タイミングを見計らってAppleで購入すると、かなりお買い得になることもあります。

楽天リーベイツでAppleを確認する

 

MagSafe充電器 開封

では、届いたMagSafe充電器を実際に開封していきます。

 

こちらがMagSafe充電器の外箱。

新しいApple製品は、やはり開封からドキドキします。

 

箱の裏側。

充電する時のやり方を図で解説しています。

 

図の通り、iPhoneの背面にくっつけることで充電ができるんですね。

20Wの充電アダプタが必要となりますが、そちらは同梱されていません。

 

上部分のビニールシールを引っ張ると、いよいよ開封です。

 

中に入っていたのは、MagSafe充電器本体と、数枚の取扱説明書。

特に読まないので、紙類は早々にケースの中へ。

 

MagSafe充電器はこんな感じで、紙のケースに収納されています。

全部がピタッときれいに収まっています。

 

本体を外した後の紙ケース。

ふと見てみると、この紙自体のデザインがスゴイなと思わされます。

 

MagSafe充電器の本体です。

USB-Cのケーブルも1mなので、結構長め。

 

充電部分は、こんな感じ。

こちらがiPhoneと接触する部分ですね。

 

シルバーの部分がマグネットになっていて、ここがピタッとくっつくように設計されています。

 

MagSafe充電器の裏側です。

シルバーのステンレス製で、いかにもApple製品らしい質感。

 

給電はUSB2.0ではなく、USB-C。

いよいよAppleも、USB-Cを使うようになりましたね。

 

ちょうど端子の転換期なので、使う充電器が複数に分かれてしまうのはちょっと不便に感じそうですね。

 

iPhone XSで充電を試してみる

iPhone 12ではまだ試せないので、とりあえずiPhone XSで充電してみました。

サイズ感はこんな感じ。

 

マグネットではないのでもちろんくっつきませんが、ちゃんと充電音が鳴りました。

 

ちょっと写真でわかりにくいですが、ちゃんと充電されていますね。

実際にiPhone12や、専用ケースで試せるのが楽しみです。

 

iPhone12用の充電器・MagSafeを買ってみた 開封とレビュー まとめ

iPhone 12の前に、付属アイテムが続々と届いているので、発売日までワクワクしますね。

 

MagSafe充電器、正直要るか要らないかで言われると、、、

ぶっちゃけ無くても困らないと思います 笑

 

ただ、新しいアイテムが出たら使いたくなるというのが心理。

もちろん便利なことには変わりないと思いますので、どんな気付きがあるのか楽しみです。

 

iPhone 12の発売前に、MagSafe充電器の存在が気になっている人に、

この記事が参考になってくれれば幸いです。

 

楽天リーベイツでAppleを確認する

 

関連記事