Panasonicのアイロン【衣類スチーマー(NI-FS530)】を買ってみた!

Panasonic・衣類スチーマー3

突然ですが、僕はアイロンがけがとっても嫌いです!

嫌いというか、、、

・アイロン台を出す
・服を並べる
・アイロンを出してシワを伸ばす
・服を畳んでしまう
という、一連の流れがとっても面倒に感じるのです。
(そもそもアイロン台持っていませんが ^^;)

 

でも、キレイな服を期待という願望は強い方だと思うんです。

出来ればアイロンがピシッとかかったキレイなシャツを、いつでも着たいなという願望はあります。

そうなってくると毎回クリーニングに出さないといけないので、クリーニング代かかりますし、あまり現実的ではないですよね ^^;

 

で、たまたま見つけたのですが、Panasonicからアイロン台を使わなくてもスチームでシワを伸ばせるアイロンがあることを知りました!

貯まっていたポイントがあったので、気付けば商品を知った翌日に家に到着!

今回はPanasonicのアイロン【衣類スチーマー(NI-FS530)】をレビューしたいと思います ^^

 

Panasonicのアイロン
【衣類スチーマー(NI-FS530)】とは?

NI-FS530

Panasonicから2017年4月に販売された、スチームアイロンです。

アイロン台を使わず、ハンガーに掛けたままアイロン掛けが出来るのが特徴で、そこに惹かれました 笑

衣類スチーマー(NI-FS530)の6つのウリ

  • 電源ONからの立ち上がりが24秒と、従来品よりも20%短縮
  • 衣類スチーマーはハンガーにかけたまま手軽に衣類のシワのばしができる
  • もちろんアイロン台を使って、プレスのアイロン掛けも出来る
  • 脱臭・除菌やアレル物質対策などの効果
  • スチーム噴射幅を縦横共に広げた「連続パワフル&ワイドスチーム」で、素早くシワを伸ばす
  • 約60分で自動でヒーターを切る「自動ヒーターオフ」機能

 

Panasonicのアイロン
【衣類スチーマー(NI-FS530)】のレビュー

いざ、開封の儀。

色は白と黒の2色展開ですが、自分の好みで黒を選びました 笑

 

中身はこんな感じ。

本体・本体用クレードル・給水カップ・取り扱い説明書の4つと、非常にシンプルです。

ごちゃごちゃ色んなものが入っているよりも、これくらいスッキリした方がわかりやすくていいですね ^^

 

本体を正面から撮影しました。

重さは700gですが、見た目以上に重さは感じません。

むしろ軽いと思えるくらい。

 

裏側はこんな感じ。

スイッチが付いていますね。

実際に使うボタンは、この電源スイッチとスチームのスイッチ(持ち手の下部分)の2つだけ。

こちらも操作性がシンプルで良いです ^^

 

取り扱い説明書。

正直なくても操作は簡単です。

最初だけちょこっと読めば、後々必要なさそうなくらいです 笑

 

早速給水カップに水を入れて、本体に入れようと思います。

最初なので、とりあえずマックスまで入れず、半分位の量で試してみます。

 

本体の後ろ部分に給水口があります。

ココにカップを使って水を入れていきますが、カップの縁が尖っているのでとっても水を入れやすい!

 

それでは、コンセントを差し込んで行きます ^^

ビックリしたのがこのコードの長さ!2mくらいありそうです!

これだけあれば、コードが邪魔になってアイロンにぶつかることもなさそうです ^^

 

スイッチオン!

すると、赤いランプが点滅します。

24秒ほど経ったところで、赤いランプの点滅が無くなり、準備がOKの状態に。

 

衣類スチーマーをTシャツにあててみた。

こちら、黒いTシャツです。

洗濯したてなので、シワが寄ってますね。

 

まずは全体にスチームを、、、

写真だととってもわかりにくいですが、スチームはしっかりと出ています 笑

次にスチームを出しつつ、シャツの端を引っ張りながらアイロンを当てていきます。

すると、、、

 

Tシャツが良い感じにピンと張りました。

スチームのおかげで、ふんわりと優しい香りもします 笑

 

ちょっと写真が雑ですが、ビフォー・アフターです ^^

こうやって並べると、シワが伸びていることがよくわかりますね。

 

Panasonicのアイロン
【衣類スチーマー(NI-FS530)】のまとめ

実際に使って感じたことですが、手軽にアイロンをかけられることは、やはり良いなと思いました ^^

  • アイロン台がいらず、ハンガーに掛けたまま出来る。
  • 重くない
  • 消臭も出来る

この3点が、僕にとっては高評価です!

ただ、女性には少し重たく感じるかもしれませんね。

 

一人暮らしの男性で、毎日シャツを着るビジネスマン。

そんな人にはもってこいのアイテムだと思います!

黒ですし、クレードルもあるので、棚にそのままドカンと置いておいても悪くないですよ。