【こんなところに!?】iOS11のAirDropの設定方法

airdrop

こんにちは、sho-designです。

先日、友人と写真のやり取りをしよう思い、お互いのiPhoneを操作していました。

で、いつもどおりAirDropで共有しようと思ったのですが、、、

コントロールセンターに
AirDropのボタンが無い!!

僕だけではなく、この現象で困っている人、多いのではないでしょうか?

新しいiOS11での、コントロールセンターでのAirDropの設定方法がわかりましたので、こちらでも紹介させて頂きます!

 

iOS11でのAirDropの設定方法

そもそもAirDropとは?

Mac、iPhone、iPad、iPod touchなどのApple製のデバイス(端末)間で、無線を使って写真、ビデオ、書類などのデータを共有できるシステムのこと。

転送速度も早いため、一度使うとコレなしではデータのやりとりをしたくなくなります!

iOS10までは一覧の中にAirDropのボタンがあった

iPhoneでコントロールセンターを出すと、iOS10までは一覧の中にAirDropの項目がありました。

↓ちょっと懐かしいコントロールセンターの画面ですね。

AirDrop

こんな風に、パッと見でAirDropのボタンのありかがわかります。

ココを押すだけで設定が可能だったため、とても便利でした。

iOS11から、AirDropのボタンが消えた!

ios11のAirDrop1

ご覧の通り、AirDropのボタンがありません!

コントロールセンターに無いということは、わざわざ設定メニューからAirDropの設定をしないといけないのか、、、!?

押し込み(Peek&Pop)で解決!

この問題を解決するのはなんとも単純でした。

左上のWi-FiやBluetoothなど4つのアイコンが集まっているグループがありますよね。

その部分を押し込めば良いのです!!

airdrop

すると、画面がこのように変わります

ios11のAirDrop2

こんな感じでAirDropとテザリングオプションのアイコンがニョロっと出てきます!

AirDropが無くて困っていた方、ぜひこの方法でまたAirDropを活用して下さい ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA